職場における上司の仕事とは何か? ~良い上司と悪い上司のラインとは~

会社で長く働いていると、色々な人の素顔が見えて来ます。特に「上司」や「先輩」にあたる存在の人とは、日々顔を合わせ、共に仕事をしなければなりません。人間関係がウマク行かなければ、直接的な退職の理由にもなりかねません。極論ですが、あなたは「怖い上司」と「優しい上司」のどちらがいいですか?そう聞かれれば後者に決まってますね(笑)。

「優しい上司」の下で伸び伸び仕事ができれば、この上ありません。理想の社会人生活かも知れません。でも、「怖い」か「優しい」かは上司の良し悪しを見極める上での「決定打」ではありません。決め手は「この上司の下で自分が成長できているか否か」です。

職場における上司(先輩)の仕事に含まれる「育成」

一般的に「管理職(部長や課長)」と呼ばれる方々が会社では上司になります。上司は会社内で様々な責任を負います。「自らの手持ちの業務」はもちろんの事、「所属部署の円滑な運営」「部署(または会社全体)の利益向上」等の責任を持ちます…というより「持たされ」ます。「自分の仕事」をしながら「リーダーとして所属部署の面倒を見る」のです。そして、「所属部署の面倒を見る」仕事には「後進の育成」が含まれます。

就職や転職をする際、会社選択の条件として「安定していること」を挙げる人も少なくないでしょう。「安定」のためには「売上」を上げることは必須ですが、「売上を継続する」ことも重要です。それも1年、2年のレベルではありません。10年、20年と会社が「継続」するためには、地道な「社員育成」が必要になります。これは「社内研修すればいい」というモノではないのです。実務経験、実務スキル、社員としての心得等々…上司は部下に「継承」しなければなりません。これは会社が「継続」して「安定」するために不可欠なのです。

「良い上司」は「自分を伸ばしてくれる上司」

人間ですから、感情的に「怖い人」はイヤですね(笑)。でも「怖い」か「優しい」かは上司の良し悪しを見極める上での決め手にしない方が無難です。あくまでも「自分を伸ばしてくれている人かどうか」という視点で考えた方が、何より「自分に得」です。

もし、今のあなたの上司が「怖い人」「イヤなヤツ」で「会社辞めたい」と思うのであれば、一歩下がって考えてみてください。怖い言い方や嫌味な言い方をされた時に「何故、そんな言い方をするのか?」

上司が抱えている「成長責任」と「管理責任」

上司や先輩はあなたに対して「成長責任」を背負っています。あなたが職場の戦力として成長していなければ、上司は「その上の上司」から散々怒られるでしょう。そんな事が度重なれば「配置換え」や「降格」の浮き目に遭うでしょう。怖い言い方や嫌味な言い方は「あなたの心に残すため」に言っている場合が多いです。何故なら、あなたがその上司を(または職場を)イヤになって「会社を辞めたい」と言い出したり、「会社を欠勤」したり、「明らかに無気力」だったりすれば、上司はあなたの「管理責任」を追及されます。会社内において「感情的に部下を追い込む」ことは一般的に上司自身が「自分の不利益を生む」ことになりますので「普通の上司(管理職)」はそんなことしません。

逆に、「自分の上司は優しい」「いい人だ」と思っている人も、ぜひ一歩下がって考えてみてください。あなたの上司は「成長責任」を果たしているかどうかを…。優しくて、何でも「イーヨ、イーヨ」で「困った時には助けてくれる」…。「手伝いながらアドバイスする」という「伸ばし方」もありますから、一概には言えませんが…。「優しい」「居心地がいい」にドップリ浸かってしまえば、5年後、10年後に「シワ寄せ」が跳ね返って来るのは「あなた」です。成長のない、年齢だけ重ねた自分を会社が必要としてくれるか。今の会社を辞めても他の会社が相手にしてくれるか。独立して自ら立ち上がる…なんて事ができるかどうか…。

上司に関して「怖い」「優しい」もひとつの観点ですが、「この人の下で自分が成長できるか否か」を考える観点も持っておきたいモノですね。

転職が上手くいかない場合は?転職アドバイザーなどを活用しよう

転職活動を行う場合、なかなか転職先が見つからないと言うケースや、面接が上手くいかず採用までこぎつけることが出来ないと言うケースも多々見受けられます。

そういった状況が続いてしまうと転職に対するモチベーションの低下や適当なところで良いから転職先を見つけて就職してしまおうという妥協が生まれ、結果的にその妥協が裏目に出てまたすぐ仕事を辞めてしまうということにもなりかねません。

転職を行う場合には転職エージェントやアドバイザーを上手に活用することが転職成功のカギとなります。

転職エージェントやアドバイザーとは?

転職を行う場合、多くの人が自分の力だけで転職活動を行おうとすることが多く、それが原因で転職活動に行き詰ってしまうと言うことも考えられます。

特に誰にも頼ることなく転職活動を行っていると、上手くいかないことへの焦りや何故転職活動が成功しないのかと言った想いがどんどん大きくなってしまい、自分で自分を追い込んでしまう事にもなりかねません。

それは典型的な転職活動失敗のケースと言え、自分だけで何とかしようとすることで視野が狭まり考えも凝り固まってしまうことが失敗の原因となります。

その為第三者の意見を聞くことも重要となり、その際に力になってくれるのが転職アドバイザーや転職エージェントと呼ばれる存在です。
この転職アドバイザーやエージェントは第三者目線で自分のことを分析してくれますので客観的な意見を言ってくれますし、今までの経験や仕事などを分析し自分に適した職業は何かをアドバイスしてくれる心強い味方と言えます。

転職サイトに登録はしているが転職エージェントやアドバイザーの利用は行ったことが無いと言う人は、まず転職エージェントの利用を考えてみると良いでしょう。

転職サイトとアドバイザーは別物

転職サイトを利用して転職先を探している人も多いと思いますが、この転職サイトと言うものはあくまでも自分が希望している転職先をリスト内からピックアップしてくれるだけの存在であり、自分に向いている仕事というものや、適性のある仕事を探し出してくれるものではありません。

その為転職サイトを多数利用していたとしても、それが転職成功に繋がるのかと言えば決してそうではないといえます。

しかし転職アドバイザーの場合は自分の希望している仕事が果たして本当に自分に向いているものなのかと言ったことや、今までの仕事の経緯やアドバイザーの質問に答える事で自分の特性を正しく判断してくれますので、それに見合った仕事が何かを正しく教えてくれる存在となります。

この点においては転職サイトとは全く別のものとなりますし、やりたい仕事と適職というものは違うと言う事を教えてくれることにもなりますので、転職したけれど仕事が合わなかったということも未然に防ぐことが出来ます。

その為転職サイトは転職先を探すためのもの、転職アドバイザーやエージェントはプロの目から見た適職は何かを教えてくれるものだと理解すると良いでしょう。

転職アドバイザーを利用してマナーも身に着けよう

転職アドバイザーやエージェントは、転職活動時に必要不可欠な転職マナーも教えてくれます。

仕事に自信がありスキルや技術が備わっているのに転職を失敗する人の多くは、転職マナーが正しく身についていない場合も多いですし、企業に提出する履歴書や職歴のかき方も採用されやすい書き方になっていない場合があります。

その場合スキルや技術があったとしてもマナーが出来ていなければそれがマイナスになりますし、最初に見られるのは履歴書などからの情報となるため、履歴書や職歴書が魅力的なもので無ければ企業に対しアピールが不十分ということにもなります。

これらに関しても転職アドバイザーは正しい履歴書の書き方や注意すべきマナーなどを教えてくれますので、アドバイザーやエージェントを利用することで転職に必要なマナーを身に着け採用されやすい履歴書などの作成も可能になるでしょう。

まとめ

転職で失敗しないためには転職アドバイザーなどのプロの力を借りることは決して、間違いではなくむしろ率先して力を借りるべきだと言えます。

自分で考えているよりも第三者の目は正しい場合もありますし、自分では気づいていなかった適性を教えてくれることもあるので、上手に転職アドバイザーやエージェントを活用しましょう。

就職前に「ココ」をしっかり押さえておこう!

就職前にココをしっかり押さえておこう
あなたの就職先を決める条件といえば、どのようなことでしょうか?

「安定しており定年まで安心して働ける」「給料が高い」「休みがしっかりとれる」などが挙げられます。

しかし実際に働いてみると「思っていたことと全く違う仕事をさせられる」「人間関係がとてもギスギスしている」「過剰なノルマを強いられる」など想像とかけ離れた現実が待っていることがしばしばです。

そこで今回は失敗しない就職先選びのポイントを、無事に就業できた後のことも見据え押さえていきたいと思います。
「就職前に「ココ」をしっかり押さえておこう!」の続きを読む…

マイナーでも良い企業はある!自分に合った企業を探そう!

マイナーでも良い企業はある自分に合った企業を探そう
大学を中退しての就職という不利な立場を挽回するための対策としては、次のようなものがあると思います。

1.資格を取りまくって自分の価値を高める
2.公務員試験を受ける
3.大学中退者でも入れる企業を見つける

「マイナーでも良い企業はある!自分に合った企業を探そう!」の続きを読む…