大学中退者でも就職したいなら臆することなく面接時に確認しておきたいこと

実力で上り詰めることができるのか

 就職先を決められるかどうか、これは面接時に確認しておくべきことに懸かっているのかもしれません。ここで何を質問するのか、それに対してどんな答えが返ってくるのかなどで、会社が自分を認めてくれるのかと共に、自分が会社を認めることができるのかについても変わってくるからです。

 「実力があれば、この会社で上り詰めることができるのか」を問うてみましょう。なかなか勇気の必要な質問となりますが、だからこそインパクトが残せます。と同時に、面接官の反応によって認めるべき価値のある会社かどうかもわかってくるでしょう。

企業にとって最大の出来事

 これまで会社がいろいろと事業を成し進めてきた中で、最大の出来事を聞いてみると、興味深い答えが返ってくるかもしれません。これを確認する場合は、良い出来事も悪い出来事も聞いておくといいでしょう。

 その会社の裏話も聞こえてくるかもしれませんし、そういったものが聞ければ、さらに会社に対する興味も深まるはずです。これを確認することで自分を認めてもらいたいと思うのであれば、返ってきた答えに対してさらに突っ込むことも必要となります。そこまで考えながら質問できれば、大きなアピールとなることは間違いないでしょう。

入社することで得られる経験

 その会社にもし入社することになったら、どんな経験が積み上げられていくのか。これも面接時に確認しておきたいことのひとつ。

「入社してみないとわからない」などと、どこか素っ気ない答えが返ってきたら、面接官がその会社に入社したことで得られた経験を問い直してみるのもいいでしょう。これでもしっくりくる答えが返ってこないようであれば、入社すべき会社として認める必要はないのかもしれません。

 面接官の口から出てきたものが自分も経験したいと思えるような内容であれば、そこからさらに積極的にアピールを繰り広げるよう努力すること。そうすれば会社側もあなたのことを認めざるを得なくなり、採用してもらえるのではないでしょうか。