大学中退での就職~試用期間とは~

試用期間と雇用条件

 試用期間とは、企業が募集職種に業務に対する、労働者の適性を判断するために設ける期間ですが、あくまでも長期雇用が前提で設けられます。試用期間中であっても、所定労働時間は正社員と変わらず、雇用・健康・労災・厚生年金といった社会保険の加入も義務付けられています。

 一方で、試用期間中は正社員より賃金を低く設定する企業が多くあります。年次有給休暇については、権利の発生が入社から6カ月経過後となりますので、試用期間が6カ月を越えない限り、発生することはありません。

 とはいえ、労働者保護の立場から、長期の試用期間を設けることは良くないとされており、大抵の企業は2~6カ月とすることが多いです。

試用期間中の解雇と退職のこと

 試用期間を経て本採用と聞くと、簡単に解雇や退職ができるように思う方も少なくないでしょう。試用開始14日以内であれば、即時解雇が可能ですが、それを超えると、正社員と同様に、退社日の30日前に解雇予告をするか、30日分の平均賃金を解雇予告金として支払う義務を、企業側がおいます。

 ただし、労働者側の勤務態度や出勤率、コンプライアンスなどに問題があり、企業の所轄の労働基準監督署の認定を受けている場合は、この義務を果たす必要はありません。もし、労働者が試用期間中に退職を申し出る場合も同様で、即日退職はできませんし、退職予定日の2週間前には、企業側に退職の申し出をする必要があります。

 入社後のミスマッチに気づいて、退職を決意したときには、一日も早く直属の上司に退職の意向を伝えましょう。試用期間中の解雇や退職は、企業も労働者も痛手を負うことになるので、ミスマッチがないように、しっかりと情報収集して、意思決定をしてください。

関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 入社前に確認すべきことは
  • 大学中退者が途中入社した場合には