大学中退後の進路はどうやって決めたらいいの?

xf3055067643l

 大学を中退した20代の若者の場合は、転職市場全体から見ればまだまだ「若い」という理由で、本人がその気になれば引く手あまたです。

①「正社員」を目指して就職活動をしよう

 フルタイム勤務に耐えられそうなら、堂々と正社員を目指して就職活動をしましょう。就活の方法ですが、ハローワークでもいいし、求人誌や転職サイトから、自分が興味をもてる会社を選んでエントリーをして、“面接してもよい”という回答が来れば、どんどん積極的に自分から動いて、会社の採用担当に会いに行きましょう。

 まだ20歳前半の人たちに、“長期的に成長する会社の選び方”が分かるわけがありませんが、実際に会社にエントリしたり、面接を受けに行ったりして、会社の対応に特に感じが悪いところや不審な部分(ブラック企業めいた部分など)がなければ問題ないでしょう。あと「大学中退」の事実はきちんと履歴書に正直に記載しましょう。
「大学中退後の進路はどうやって決めたらいいの?」の続きを読む…

雇用形態ってどう違う?

雇用形態って何のこと?

xf3055067643l

大学中退して就職を目指すとき、さまざまな求人票を目にすることでしょう。このとき、必ず理解して、チェックしてほしい項目があります。それは、「雇用形態」です。「雇用形態」によって、勤務や給与の条件が変わることが多いので、その違いをきちんと理解しておきましょう。正規と非正規の格差についてマスコミ等でよくとりあげられていますが、この正規と非正規の差こそが、雇用形態の差なのです。
「雇用形態ってどう違う?」の続きを読む…

自己分析って意味があるの?

xf3055067643l

 大学を中退して就職活動を始めるにあたって、一番最初にするべきことがあります。
 それは「自己分析」です。
 では、どうして「自己分析」が必要なのか、ここで説明したいと思います。

①大学中退者が目指すべき就職とは?
 あえて厳しい言い方をすると、いかなる理由があっても、大学を中退したという時点で、物事を途中で投げ出したひとというイメージが、ついて回ることを覚悟しなければなりません。
 
 それは、就職活動で面接に臨むときにも、何度も感じることでしょう。
 
 だからこそ、大学中退者は就職の目的を、自分に合った仕事に就くことにして、その後のキャリアを積みやすくする努力が不可欠です。
「自己分析って意味があるの?」の続きを読む…

自己分析の方法

xf3055067643l

大学中退者が就職活動を始める前に、必ず行うべきことに「自己分析」があります。「自己分析」とは、自分が大切にしている価値観を知ることです。
 
そのうえで、自分に合った就職先を探せば、入社後のミスマッチを防げます。では、「自己分析」をする方法について、説明しましょう。

自己分析は、
①どんな能力を持ちたいか、どんな人間になりたいか
②収入や名声など、何を手に入れたいと考えているのか
③社会や人にどんな影響を与えたいと思っているか

という、3つの切り口で考えると、わかりやすいと思います。たとえば、①なら「業務全体を一人で仕切れる能力を持ちたい」、②なら「年収を1500万円以上もらって、家を持ちたい」、③なら「環境保全の事業を立ち上げ、自分の子どもが大人になっても困らない社会をつくりたい」などです。
  「自己分析の方法」の続きを読む…