自分の長所と短所を言える?

長所と短所を把握する

 面接では自分の長所と短所を聞かれる場合があります。

 場合によっては聞いてこないかもしれませんが、相手が大学中退の人間となると企業側としても短所を理解しているかどうか知りたくてこの質問をしてくることがあるでしょう。

 これに答えられないということは自分のことが分かっていないということです。そのために面接前にこれの答えを把握しておかなければいけません。

 自己分析で考えるのはもちろんですが、これに関しては他人に聞いた方が効率としてはいいでしょう。他人からの言葉であれば客観的な意見として理解することができるからです。

 ただ、人によっても自分の長所と短所をどう把握しているか変わってくるので、1人だけではなく複数の人間に聞くようにしましょう。
 

知った上での内容

 ただ、知ったところで短所をそのまま言ってしまえばマイナスとなってしまいます。そのためにマイナスの印象をどうにかして軽減させるための内容を考えなければいけません。

 短所は見方を変えれば長所である可能性があります。当然その逆も然りです。そのため自分の短所からプラスになるような点を考えてそれを内容につけ加えればマイナスの印象は大分薄くなるでしょう。
 
 
関連記事

  • 大学中退者の聞かれることは
  • 大学中退者のする面接対策

  • 大学中退者の聞かれることは

    バイトについて

     もしバイトをしていたのであれば、高確率でこの質問が来ることになります。これはどのようなバイトをしていたかはもちろんですが、それ以上にバイトという仕事に対してどういう心持ちでやっていたかも見る質問になります。

     バイトと社員では違いますが、バイトで本気になれない人は社員として雇用しても本気になれないということです。具体的な内容を答えて、その上で自分の考えを述べてその本気を伝えるようにしましょう。
     

    目標について

     大学中退をしたとなるとどうしてもマイナスの印象を拭うことはできません。

     そしてそうした人間は得てして無気力になるということも多いため、企業側としては目標を聞くことでどれくらい意欲が出ているのかを調べることになります。

     この目標が答えられないようでは目標も定まっておらず気力もない人間と判断されてしまうためにここでしっかりと答えて自分が仕事をする意欲があることを示さなければいけません。

     実際に就職活動をする際に目的を決めたはずです。その目的を答えれば問題はないでしょう。

     ただ曖昧な内容になっていると追加質問が飛んでくる可能性が高いため、1回で相手を納得させるような内容にしましょう。
     
     
    関連記事

  • 自分の長所と短所を言える?
  • 大学中退者のする面接対策

  • 面接当日までに準備する物は?

    xf3055067643l

     大学を中退してしまうと本格的な就職活動を経験する機会がなくなってしまいます。そんな人が就職活動を始めた際、疎かになってしまいがちなのが、必要なものたちの準備。特に面接当日までに必要なものは事前に確認をしつつ、不備がないようにしておきましょう。

    • 履歴書など各書類のコピー
    • 企業についての情報(パンフレットやHPなどの情報をプリントアウトしたもの)
    • 面接会場までの地図
    • 筆記用具
    • 印鑑と身分証明書
    • 手帳や小さめのノート
    • 折り畳み傘
    • ハンカチやティッシュ
    • 現金とICカード
    • 時計
    • 携帯電話やスマートフォン(充電器含む)
    • 女性限定ですが、ストッキング

     面接当日までに用意しておきたいものをざっと挙げると、以上のようになります。少し多めではありますが、どれもかさばるものではないため、就職活動を始めたら、常に鞄やポケットに入れておく習慣をつけておくといいでしょう。

    「面接当日までに準備する物は?」の続きを読む…

    回答予測はできるだけ行っておく!

    xf3055067643l

     面接では事前に聞かれる質問をあらかじめ予想し、その答えを用意しておくことが重要です。応募する企業によって聞かれる質問というのは異なりますが、どの職種に応募しても必ず聞かれる質問もありますので、事前に予想を立てて準備しておきましょう。

     ではどの程度質問を予想して用意しておくべきかというと、それは予想できる限り準備してください。いくつ答えを用意しておけば良いなどは面接にありません。できる限り用意するのです。

     面接時はある程度聞かれる内容を予想することができますが、完璧に何を聞かれるかを事前に把握することは不可能です。そのため、答えをいくつ用意したとしても、万が一用意していない質問をされた時に上手く答えられなければ、準備が全て無意味となってしまうのです。

     実際に質問をあらかじめ予想する場合には、まずどの職種に応募したとしても聞かれるであろう質問を考えます。
    「回答予測はできるだけ行っておく!」の続きを読む…

    服装は好印象を目指す

    xf3055067643l

     面接で最も重要と言われているのが第一印象。その第一印象を決定づけるのが、服装です。好印象な服装を意識し、面接までにしっかりとそれを自分のものとしておきましょう。

     好印象を与える服装で忘れてはならないのが、清潔感をいかに出せるかです。どのような服装であっても、シワがないこと、フケやホコリ、汚れなどがついていないこと、派手なカラーや柄などではないこと、これらを守るように心がけましょう。

     男性も女性も基本はスーツを着用します。大学を中退した人が就職活動をする場合には、このスーツを新調すると思いますが、その時には黒・紺・グレーを選びましょう。迷った時には黒を選んでおくのが無難。

     目立たなくても柄が入っているものは、これから社会人になろうとしている人としては不適切。悪い印象を与えることはないと思いますが、好印象を与える服装とは言えません。
     
     ワイシャツは白。これも柄や、例えばボタンや襟元がワンポイントでカラーリングされているようなオシャレなものも選ばない方が無難です。

     面接では上着を脱ぐ機会はあまりないと思いますが、下着が透けないように、あるいは透けたとしてもジジくさい・ババくさい・だらしないといった印象を与えないものを着用しましょう。

    「服装は好印象を目指す」の続きを読む…