自己PRは未来の展望が大切!!

xf3055067643l

 大学中退者が就職活動を行う際に、必ず書かなければならない書類に「履歴書」があります。「履歴書」にもいろいろな種類があり、大学中退者が就職活動で使うのは、一般就職用が基本です。
 
 そこには、自己PR欄があり、この欄の書き方次第で、書類選考の通過率が変わります。そこで、大学中退者に覚えておいてほしい、自己PRの書き方について、まとめておきたいと思います。

自己PRで意識すべきこととは?

 履歴書を書くときに、気を付けてほしいことがあります。それは、自己PRは応募者の過去を知ってもらうためと、志望動機は将来について考えていることを伝えるためと、意味が異なることを理解して、書き分けるということです。

「自己PRは未来の展望が大切!!」の続きを読む…

志望動機には意志と熱意を伝える

xf3055067643l

 大学中退者が就職活動を行う場合、職務経歴書が作成できずに、履歴書のみで書類選考を受けるケースが少なくないようです。職歴がない応募者を書類選考するときに、企業の採用担当者がチェックするのは、履歴書の「志望動機」と「自己PR」の欄です。今回は、「志望動機」の書き方について紹介します。

志望動機欄の意味

 そもそも履歴書は、応募者が企業に対して自己紹介するためのツールです。そのため、学歴や免許・資格欄、趣味・特技などの項目があるのです。その中で「志望動機」だけは、自分が将来何をしたいという、意思を伝えるための項目です。あなたの熱意を伝えるためには、志望動機を書く前の準備が大切です。

志望動機を書く前に行うべきこと

 就職活動中の大学中退者の中には、「志望動機欄には、どうして、その会社に入りたいのかを書けばいい」と、勘違いしているひともいるのではないでしょうか。
 
 問題は、入りたいと思う理由です。「一流企業だから」「給料が高そうだから」といった理由で応募企業を決め、志望動機を書いたところで、数多くの応募者を蹴落として、書類選考を通過して、面接に進むことはできません。

「志望動機には意志と熱意を伝える」の続きを読む…