アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など

職歴として扱うのが自然

 まず最初に、この問題や疑問の答えを明らかにしておきますが、「アルバイトは歴とした職歴」であることは確かです。

 各地域ごとに定められた最低賃金を下回らない時給、あるいは日給で仕事を行い、あなたが携わった仕事の対価としてそれを受け取っているわけですから、雇用形態にかかわらず、それは「仕事」であり、「職に就いた」ことになるはずなのです。

 仕事であり職に就くという事実がある以上、職歴として自身の経歴に連ねることは、特に問題とはならないでしょう。これから職探しをするために履歴書などを作成するのであれば、アルバイトのことも頭に思い浮かべながら書き進めていくようにしてください。

 アルバイトは、履歴書の職歴欄に書いても構いません。通常の履歴書は学歴に次いで職歴を記載するようになっているので、そこに企業名や職種などを書き込んでください。

 大学を中退した後、もし数年間同じアルバイト先で働いており、そこである程度の役職に就いていた、あるいはアルバイトで働く人の中で中心的な役割を担っていたなどがあれば、職務経歴書を用意し、そこにまとめてもいいのかもしれません。同じアルバイト先ではなくても、そうした濃い経験があれば、やはり職務経歴書を用いてまとめておいて問題はないでしょう。

話のネタになるというメリットも

 仮に、あなたが面接を受けた時にそれを担当した人事の人が、「アルバイトは職歴とはならない」という価値観を持っていたとしましょう。しかし、それでも履歴書などにアルバイト経験について書いてあれば、ほんの少しかもしれませんが興味は持ってくれるはず。興味を持ってくれれば、それが面接中の話のネタとなる可能性が生まれます。

 「ちなみにこのアルバイトというのは…」などと質問してくれればしめたもの。その質問に対して、自分が経験してきたアルバイトに誇りを持ちつつ受け答えをし、さらに自分の能力などをわずかでも主張することができれば、「アルバイトは職歴とはならない」というその人事の人の価値感を吹き飛ばすことができるかもしれません。

 また、人事の人が全く想像もつかないような珍しいアルバイトに就いていた経験があれば、それも話のネタになる可能性が出てくるでしょう。応募職種とは全く関係のないアルバイトであっても、それが話のネタになる可能性があるのであれば履歴書に記載しておくべきですし、ダメ元でも書いておくべき。

 アルバイトについて履歴書に書いておかなければ生まれないこうしたメリット。そのわずかな可能性に賭けることは、職を探している者として必須の行為となるのではないでしょうか。学歴等にコンプレックスがあるのであれば、なおさら重要なアピールポイントとなるはずです。

ひとつのアルバイトにつき2~3行程度でまとめる

 最後に、アルバイト歴を履歴書等に記載する時のポイントを押さえておいてください。

 履歴書の職歴欄に記載する場合には、ひとつのアルバイトにつき、2行から3行程度でまとめるとスマート。入社時期、勤務期間、職種等を記載すれば、大体この行数に収まるのではないでしょうか。あまり書き過ぎると他にアピールすることがないのではと勘繰られてしまうので、多くても3行程度でまとめておきましょう。

 もしそのアルバイトが非常に大きなアピールポイントになると踏んでいるのであれば、別のスペースを用意しまとめるようにしてください。それこそ職務経歴書を用意してもいいですし、自己PRの欄や志望動機の欄にアルバイトについて触れておくのもアリです。

 自己PR欄や志望動機欄にアルバイトについて記載する時には、企業研究結果を元に、応募する企業と何らかの関連性を持たせる必要があります。上手く工夫し、「だから応募した」、「だから役に立てる」といったことを示せるような書き方をしておきましょう。

関連記事

  • 履歴書はどう選ぶ?
  • 自己PRは未来の展望が大切!!
  • 志望動機には意志と熱意を伝える
  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか

    自分をアピールできるものを選ぶ

     履歴書と一言でいっても様々なフォーマットのものがあり、学生向けのものもあれば中高年向け、転職者向けもあれば職務経歴書が付属しているものもあります。大学中退の方が選ぶとなれば基本的に新卒の学生が多く用いている“就職用”のフォーマットを利用することになりますが、むしろ“○○向け”に拘らず自分のアピールが最もできるフォーマットのものを選ぶのがいいでしょう。

     自分に合ったフォーマットが無いと感じるのなら、フォーマットを自作することもできます。ネットで検索すれば履歴書フォーマットはデータでダウンロード可能ですので、自分にとって気合いを入れて書きたい欄を拡大して、あまり記載するべきことが無い欄を縮小する…といった感じでレイアウトしてもよいでしょう。しかしレイアウトに個性を出し過ぎるのも問題がありますので、ぱっと見た時に履歴書に見えることは大事です。

     大学中退した男女のはじめての就職となれば職務経歴書を書こうにもしっかりした実務経験は存在しません。しかし会社によっては履歴書と職務経歴書をセットで提出することを要求することが多いですから、そうしたケースでは職務経歴書も作成する必要があります。

     面接に進めるかどうか?は、履歴書でどれだけ自分をアピールできるかが全てとなるから書類作成は非常に重要です。何より「自分は大学中退の立場だから、このフォーマットを選ぶ」というように選んでいたのでは記載している文章とか述べている考えが偏ってしまっていることもあり、履歴書を書くのに支障が出る場合があります。履歴書を書くには自分で考えなければいけませんが、フォーマットを選ぶのもまた自分で考えていかなくてはいけないのです。
     

    パソコンを使うのが一番

     自分なりの履歴書を使うのであればパソコンを利用するのが一番でしょう。何故ならパソコンで作るのであれば自分である程度は自由に作成することができ、自分のアピールしたい欄を多めに取ることができるからです。おまけに一度作ってしまえば後は印刷するだけで済んでわざわざ買いに行かずに済みます。印刷環境が必要にはなりますが、それさえあれば履歴書の購入費用も抑えることができるのです。自分で作らなければいけない分作成自体に苦労することにはなりますが、その苦労も報われる可能性が高いです。

     応募書類がしっかりしているだけで有能そうに見えるので、不要な欄がたくさんある市販の新卒用履歴書は大学中退者には不適であるとする転職マニュアル本もあります。

     何度も同じ手間をかけたくない転職希望者ならパソコンを利用して作るのが一番でしょう。就職活動を決めたのであれば、まずは履歴書の作り方から入るのもいいかもしれません。求人広告や自社サイトをしっかり読み込んで“求められている人材”を把握することからはじめましょう。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは
  • アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など

  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは

    文章は大丈夫か?自分の言葉で書かれているか?

     大学中退者が履歴書を提出するのであれば見られるポイントの一つとして「文章」があります。内容ではなく文章です。というのも大学中退の方の場合にはバイト等で履歴書を書いたということもあるでしょう。

     自分の言葉で志望動機や自己PR欄がしっかり書けているかどうか?見られるポイントです。採用担当は手書きの文字のほうがありがたいのです。経験豊富な採用担当であれば、手書き文字を見ただけで、応募者の誠実さや真面目さを見抜くものだと言われます。結局真面目な人間が採用されるという傾向があります。

     バイトの場合には多少くだけた表現でも許容されることが多いですが、就職のおいての履歴書ではそういうわけには行きません。文章が明らかにビジネスのものとして相応しくない場合にはその時点で落選される恐れが高くなります。

     内容はもちろんですが、文章の方もしっかりと企業に出すものとしてよいか確認しておきましょう。自分でよくわからないのなら履歴書の添削サービスを利用しましょう。ハローワークや転職エージェントでも引き受けてくれるし、ネットにも有料になりますが履歴書や応募書類の添削を行うサービスがあります。
     

    その人間なりの伝わる何かがあるか

     そしてもう1つ、履歴書を見るのならその人間なりの人柄が出ているかどうかも見られることになります。マニュアル通りに書いたような文章はそれだけで見る気が削がれるものとなるからであり、何より「自分の考えを持てない人間」と見られることになります。

     転職マニュアル本や、ネットの転職サイトなどの見本を参考にすることはよいですが、志望動機を丸写しにするのは不可です。丸写しにした時点で、応募先企業へ“どうしても入社したい”というこだわりとか熱意がまったく伝わらないです。志望動機欄は特に重要で、“なぜこの会社に入りたいのか?”“どうして同業他社ではだめでこの会社なのか”という点が伝わることが求められます。

     大学中退といえど大学に通学していたという事実はあるため、いい加減な応募書類を書いて、そうした内容のものを送るのは流石に採用担当にとって気分のいいものではありません。“どういった内容にするべきか?”という職務経歴書の構成はしっかりしておく必要がありますが、多少は自分なりの表現、この人にしか書けない本音などを見せればそちらの方が評価は高くなります。

     特に若者の就職で個性というものがいい・悪い含めて問題となっている今ではこうしたところでアピールするのが新卒との差を埋めるために必要なことでしょう。新卒と同じような頼りなさしか伝わってこないのなら、書類選考で落とされてしまいます。

     
     
    関連記事

  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか
  • アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など

  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって

    バイトの感覚を捨てる

     大学中退の方で就職活動を始めるとなればその前にバイトをしていた方もいるでしょう。しかし当然のことながら就職で履歴書を書くとなればそれらと書き方を変えなければいけません。

     実際に履歴書の種類自体もバイトやパート用、就職用と分けられているのです。そのためバイトで書き慣れているというのは逆に危険であり、履歴書もバイト用ので書くことをしてしまう場合もあります。

     そのためにまずは、これから書くのはバイトのためでなく就職のためとしてその感覚は頭から捨てて改めて作業をするといいでしょう。

    書き始める前に

     履歴書を手に入れたら書くことになりますが、書き始める前に何を書くかを決めておきましょう。そうでないと後々追加したい内容が出てきた際にスペースが足りなくなったり、文章がおかしいことになってしまうからです。

     それだけでなく何も決めずに書いていくと構成もおかしいことになる可能性が高いからです。そのために書き始める前に何かにメモをするなりして書く内容を決めるようにしましょう。

     それとこれも基本ですが書き始める前にボールペン、万年筆の確認も忘れないようにしましょう。途中でインクが切れて字がおかしくなってしまったら正確に書けていたのが台無しになってしまうからです。

    学生時代と中退後について

     大学を中退した人が就職のために履歴書を書くにあたって考えなければならないのは、その内容です。特に志望動機や自己PRといったものが、確たる実績を持っていない、社会人経験もない人にとっては重要な鍵を握ることになります。

     学生時代と中退から今まで何をしていたのか、ここを志望動機や自己PRにうまく絡めていかなければいけません。専攻、サークル活動、ボランティア活動、海外留学経験、アルバイト経験などを上手に活用すれば、ただ応募してきたのではなく、ちゃんと目的や就職後のビジョンを持って企業選択をしたのだと伝えることができるでしょう。

     ここを全くスルーして、自分の性格や感情だけで履歴書を書き上げると、魅力のないそれになってしまうので気をつける必要があります。

    応募する企業に向けた履歴書を

     大学を中退している現実は、きっと就職活動に壁を作ることになります。なかなか就職先が決まらない、多くの就活者はそんな壁にぶち当たることでしょう。

     それでも、応募する企業ごとに履歴書の内容を変え、且つ、オリジナルのものを作成しなければいけません。応募企業数が増えても、同じ内容の履歴書を送付してはいけないのです。志望動機や自己PRをコピーするような書き方では、面接に呼んでもらうことすらできないでしょう。

     そのためには企業研究も必要不可欠。必ず企業のことを調べ上げた上で、また、それがしっかりと伝わるような履歴書に仕上げる意識を持つことが求められます。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか
  • アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など

  • 履歴書はどう選ぶ?

    xf3055067643l

     大学中退者であっても、それまでの経験があれば履歴書のひとつやふたつは書いたことがあるでしょう。しかし、就職となると今まで以上にこの履歴書の選別に気を遣う必要が出てきます。適当に選ぶのではなく、自分の立場などを考えた上で選んでみてください。
     
     履歴書の種類を細分化するとキリがないのですが、基本的には一般就職用と転職用、パート・アルバイト用と分けることができます。他にも中高年用やJIS規格のもの、職務経歴書付きのものなど本当に多種多様。中には英文履歴書なるものも存在しています。

     大学中退者がこの中から選ぶとしたら、一般就職用となるでしょう。必ずしもJIS規格の履歴書を選ばなければならないことはありません。通常メーカーから発売されているものでも十分。大事なのは、その履歴書で自分をどこまでアピールすることができるかなのです。

    • 学歴・職歴欄
    • 自己PR欄
    • 志望動機欄
    • 本人希望記入欄
    • 資格・免許欄

     着目したいのは、上記のそれぞれの項目にどれだけ面積が割かれているか。大学中退者であれば職歴はあったとしても恐らくアルバイトくらい。それなのに学歴・職歴欄に履歴書の大半が占められていれば、肝心の自らのアピールをすることが難しくなります。

     本人希望記入欄も同様で、まだ何の実績も挙げていないのに、それを強く主張できるような履歴書を選んでも相手企業には何も響きません。
     
     こういったことを踏まえると、自己PR欄や志望動機欄にしっかりと書き込めるスペースのある履歴書を選択するのがベストと言えそうです。

    「履歴書はどう選ぶ?」の続きを読む…