転職が上手くいかない場合は?転職アドバイザーなどを活用しよう

転職活動を行う場合、なかなか転職先が見つからないと言うケースや、面接が上手くいかず採用までこぎつけることが出来ないと言うケースも多々見受けられます。

そういった状況が続いてしまうと転職に対するモチベーションの低下や適当なところで良いから転職先を見つけて就職してしまおうという妥協が生まれ、結果的にその妥協が裏目に出てまたすぐ仕事を辞めてしまうということにもなりかねません。

転職を行う場合には転職エージェントやアドバイザーを上手に活用することが転職成功のカギとなります。

転職エージェントやアドバイザーとは?

転職を行う場合、多くの人が自分の力だけで転職活動を行おうとすることが多く、それが原因で転職活動に行き詰ってしまうと言うことも考えられます。

特に誰にも頼ることなく転職活動を行っていると、上手くいかないことへの焦りや何故転職活動が成功しないのかと言った想いがどんどん大きくなってしまい、自分で自分を追い込んでしまう事にもなりかねません。

それは典型的な転職活動失敗のケースと言え、自分だけで何とかしようとすることで視野が狭まり考えも凝り固まってしまうことが失敗の原因となります。

その為第三者の意見を聞くことも重要となり、その際に力になってくれるのが転職アドバイザーや転職エージェントと呼ばれる存在です。
この転職アドバイザーやエージェントは第三者目線で自分のことを分析してくれますので客観的な意見を言ってくれますし、今までの経験や仕事などを分析し自分に適した職業は何かをアドバイスしてくれる心強い味方と言えます。

転職サイトに登録はしているが転職エージェントやアドバイザーの利用は行ったことが無いと言う人は、まず転職エージェントの利用を考えてみると良いでしょう。

転職サイトとアドバイザーは別物

転職サイトを利用して転職先を探している人も多いと思いますが、この転職サイトと言うものはあくまでも自分が希望している転職先をリスト内からピックアップしてくれるだけの存在であり、自分に向いている仕事というものや、適性のある仕事を探し出してくれるものではありません。

その為転職サイトを多数利用していたとしても、それが転職成功に繋がるのかと言えば決してそうではないといえます。

しかし転職アドバイザーの場合は自分の希望している仕事が果たして本当に自分に向いているものなのかと言ったことや、今までの仕事の経緯やアドバイザーの質問に答える事で自分の特性を正しく判断してくれますので、それに見合った仕事が何かを正しく教えてくれる存在となります。

この点においては転職サイトとは全く別のものとなりますし、やりたい仕事と適職というものは違うと言う事を教えてくれることにもなりますので、転職したけれど仕事が合わなかったということも未然に防ぐことが出来ます。

その為転職サイトは転職先を探すためのもの、転職アドバイザーやエージェントはプロの目から見た適職は何かを教えてくれるものだと理解すると良いでしょう。

転職アドバイザーを利用してマナーも身に着けよう

転職アドバイザーやエージェントは、転職活動時に必要不可欠な転職マナーも教えてくれます。

仕事に自信がありスキルや技術が備わっているのに転職を失敗する人の多くは、転職マナーが正しく身についていない場合も多いですし、企業に提出する履歴書や職歴のかき方も採用されやすい書き方になっていない場合があります。

その場合スキルや技術があったとしてもマナーが出来ていなければそれがマイナスになりますし、最初に見られるのは履歴書などからの情報となるため、履歴書や職歴書が魅力的なもので無ければ企業に対しアピールが不十分ということにもなります。

これらに関しても転職アドバイザーは正しい履歴書の書き方や注意すべきマナーなどを教えてくれますので、アドバイザーやエージェントを利用することで転職に必要なマナーを身に着け採用されやすい履歴書などの作成も可能になるでしょう。

まとめ

転職で失敗しないためには転職アドバイザーなどのプロの力を借りることは決して、間違いではなくむしろ率先して力を借りるべきだと言えます。

自分で考えているよりも第三者の目は正しい場合もありますし、自分では気づいていなかった適性を教えてくれることもあるので、上手に転職アドバイザーやエージェントを活用しましょう。

就職前に「ココ」をしっかり押さえておこう!

就職前にココをしっかり押さえておこう
あなたの就職先を決める条件といえば、どのようなことでしょうか?

「安定しており定年まで安心して働ける」「給料が高い」「休みがしっかりとれる」などが挙げられます。

しかし実際に働いてみると「思っていたことと全く違う仕事をさせられる」「人間関係がとてもギスギスしている」「過剰なノルマを強いられる」など想像とかけ離れた現実が待っていることがしばしばです。

そこで今回は失敗しない就職先選びのポイントを、無事に就業できた後のことも見据え押さえていきたいと思います。
「就職前に「ココ」をしっかり押さえておこう!」の続きを読む…

社風って重要な企業情報なの?


企業情報の中に「社風」という情報があります。社風は会社全体の雰囲気みたいなものですが、「そんな情報が本当に役に立つの?」と疑問に思う人もいるでしょう。会社全体の雰囲気なんて、実際に現場で働く人たちにはどうでもいい情報なのでは?と思ってしまうのも当然です。

しかし、「社風」は就職活動では意外に重要な要素、それぞれの企業の社風に合わせた活動をすることは、採用の可能性を上げるための大事な戦略なのです。
ここでは、具体的に社風とはどのようなものか?社風に合わせた就職活動をするためにはどうすれば良いのかについて、詳しくお伝えします。

この記事でわかること
  • そもそも社風って何なの?そんな素朴な疑問にお答えします。これを読めば、社風が就職活動において意外と重要な情報であることがわかります。
  • 自分と合わない社風の企業に就職してしまうと、何が起こるのか?これを読めば、「社風についてもっと調べなければ!」と思うはずです!
  • では、どうすれば希望の企業の社風について調べられるのか?具体的な方法についてお教えします!

「社風って重要な企業情報なの?」の続きを読む…

就職率にこだわらず就職活動を

全体の就職率で見ると

大学中退の方の就職率は、決していいものではありません。現に新卒者の就職率は高い数値を誇っていても大学中退になると半分、5割も行かない数値となっています。大抵は大学中退の場合にはそのままフリーターやニートになってしまう方が多いということです。

実際に大学中退をしてしまう方はネガティブ面に向かってしまい、尚且つ「大学を中退した負い目」があるために自信を持ちにくく、そうした雰囲気も就職において足かせになってしまっている原因となっているのでしょう。

また、企業側からしても、大学を中退してしまった人に対して、「途中で諦めた人」というイメージを頑なに持ち、それが邪魔をして採用に積極的になれないという側面も、就職率を下げる要因となっているのかもしれません。本気で就職したいのであれば、自分のメンタルや行動と、企業側の持つ大学中退者へのイメージなどを考慮しながら活動を進めていく必要が出てきそうです。
「就職率にこだわらず就職活動を」の続きを読む…