大学中退での就職~試用期間とは~

試用期間と雇用条件

 試用期間とは、企業が募集職種に業務に対する、労働者の適性を判断するために設ける期間ですが、あくまでも長期雇用が前提で設けられます。試用期間中であっても、所定労働時間は正社員と変わらず、雇用・健康・労災・厚生年金といった社会保険の加入も義務付けられています。

 一方で、試用期間中は正社員より賃金を低く設定する企業が多くあります。年次有給休暇については、権利の発生が入社から6カ月経過後となりますので、試用期間が6カ月を越えない限り、発生することはありません。

 とはいえ、労働者保護の立場から、長期の試用期間を設けることは良くないとされており、大抵の企業は2~6カ月とすることが多いです。

試用期間中の解雇と退職のこと

 試用期間を経て本採用と聞くと、簡単に解雇や退職ができるように思う方も少なくないでしょう。試用開始14日以内であれば、即時解雇が可能ですが、それを超えると、正社員と同様に、退社日の30日前に解雇予告をするか、30日分の平均賃金を解雇予告金として支払う義務を、企業側がおいます。

 ただし、労働者側の勤務態度や出勤率、コンプライアンスなどに問題があり、企業の所轄の労働基準監督署の認定を受けている場合は、この義務を果たす必要はありません。もし、労働者が試用期間中に退職を申し出る場合も同様で、即日退職はできませんし、退職予定日の2週間前には、企業側に退職の申し出をする必要があります。

 入社後のミスマッチに気づいて、退職を決意したときには、一日も早く直属の上司に退職の意向を伝えましょう。試用期間中の解雇や退職は、企業も労働者も痛手を負うことになるので、ミスマッチがないように、しっかりと情報収集して、意思決定をしてください。

関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 入社前に確認すべきことは
  • 大学中退者が途中入社した場合には



  • 大学中退者が途中入社した場合には

    新卒とは少し違う

     大学中退で途中入社した場合には年齢によりますが、場合によってはある程度能力を持った人間と見て相応の仕事を与えられる場合があります。手とり足取り仕事を教えてくれるのは新卒のうちだけでしょう。大学中退であろうと、中途採用枠で入ったのなら“即戦力”を期待されているので、入社そうそうかなりレベルの高い作業を任されることだって少なくないのです。そもそも中途採用枠では「わかりません」とか「できません」なんて言えない雰囲気もあります。

     ようするに新卒で入った人間より労働者としてレベルが高いと判断をされて、難しい仕事を任せられる可能性があるということです。当然それは企業によっても変わってくることです。面接の時の採用担当の話と入社してからの仕事が食い違っていた…ということは実はよくある話です。別の社員でしょうから、「こんなはずじゃなかった」も起こり易いのです。

     とはいっても入社したばかりだと分からないことが多いと思うので、分からないことは先輩方に遠慮せずに聞くようにしましょう。流石に相手も入ったばかりの人間であればしょうがないと感じてくれるはずです。もちろんその聞いたことをしっかりと理解するように耳を傾けることを忘れてはいけません。

     しかし中途採用枠で一定以上の年齢ですと、質問をしても社員が教えてくれないような厳しい社風の会社も存在します。日本有数の某メーカーなどは、入社してから3か月したら新入りとして質問すらできないという暗黙の掟もあるようです。つまり仕事はなるべく早くマスターするのにこしたことはないでしょう。
     

    人間関係を大事に

     当然のことながら自分は新人であります。その振る舞いによって先輩方の自分への印象も変わってくるため、仕事を安定して長続きさせたいのであればあまり周囲を不快にさせないように振る舞いたいものです。挨拶は自分からきちんとして、メモとりをして一度言われたことは覚えるように努力をしましょう。

     先輩たちも場合によっては突っかかってくる子供じみた人間がいるかもしれませんが、そうした人も時間の流れによっては解決できることがあります。自分をしっかり持っていれば、突発的に何か起こっても、焦らないで冷静に対処をすることができます。とにかく社内でトラブルを起こさないようにすることが大事です。

     まずはこなすことはこなすようにしましょう。与えられた仕事は全力で取り組むという姿勢が大事でしょう。そうしていけばおのずと自分の信用は上げることができます。ただ、それでも性格的な不一致もあって相性が悪い人間というのもいるはずです。そういう人の場合にはできるだけ関わらないようにするか、誰か信用できる職場の人に相談してみるのがいいでしょう。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 入社前に確認すべきことは
  • 大学中退での就職~試用期間とは~

  • 入社前に確認すべきことは

    企業について

     就職活動をし、もし内定が決まったのであれば、改めて企業の情報の確認をしておきましょう。そうして仕事内容と職種に関して確認しておけば、仕事をするとなった際にも頭の方で準備をしておくことができるからです。

     また、それだけでなくいざ入社するとなればビジネスマナーと規則を守って仕事をしなければいけません。企業の情報の中にはそうした規則に関して書かれている場合もあるため、それを把握しておけばいざ仕事の際にも用心して行動することができます。

     実際には仕事を体感しなければ本当のことは分からないものですが、準備をするだけでも大分変わってくるので、時間が空けばそうした情報を仕入れておくといいでしょう。

     ビジネスマナーですが、服装には特に気をつけましょう。清潔感を持ち、新入社員らしいスッキリとした格好を心がけること。言葉遣いにも気を使い、間違った日本語やスラングなどを使わないように気をつけておかなければいけません。

    体調は大丈夫か

     特に病気の関係で大学を中退せざるをえなくなった人は体調も確認しましょう。内定が決まったからといって無理をするとすぐさま寝込むことになってしまうからです。そうなれば折角決まった就職も台無しとなってしまいます。病院で診断を受けるのはもちろんのこと、入社までに無理な行動を控えた方がいいでしょう。

     また、バイトをしている人も、そのバイト先で怪我や事故に遭わないように用心して行動しましょう。浮かれている時ほど危険というのはやってくるものですから。

     そうした特別な事情がなくても、体調の管理は必須です。就職をすればこれまでの環境とは別物となるため、ただでさえ体調を崩しやすいもの。しかし、そうなっても誰も助けてはくれません。むしろ、「入社早々、体調を崩すなんて社会人失格だ」と言われてしまうこともあるのです。

     よく寝る、バランスよく食べる、適度に運動をする、こうしたことを毎日の習慣とし、入社に備えるようにしてください。
     

    入社時に挨拶の用意

     入社したら、まずは、従業員の前で挨拶をすることになるでしょう。新入社員に対してこれをしない企業はまずありません。たかが挨拶、されど挨拶。この時の印象があなたの人間像を決定付けることもあるので、事前に準備をし、卒なくこなすようにしておいてもらいたいものです。

     名前、年齢、簡単な経歴、意気込み、会社への印象などを簡潔に述べられるようにまとめておきましょう。経歴のところで大学中退について触れるかどうかは自由ですが、アットホームな雰囲気の会社であれば、それに触れることで、他の従業員との距離が近づくかもしれません。どこかに欠点や隙がある人は、簡単には憎めないものなのです。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 大学中退者が途中入社した場合には
  • 大学中退での就職~試用期間とは~

  • 大学中退者が入社の前にすること

    バイト先について

     大学中退の男女が“正社員になろう”と決意をして就職活動して、内定を頂きました。しかし就職活動中はずっとアルバイトをしていたという場合ですが、すぐにバイト先に申し出たほうがよいでしょう。アルバイトという待遇であっても仕事は仕事です。アルバイト先に迷惑をかけるようなことがあってはよくありません。内定が決まったのであればバイトをしている最中であればそのバイトを辞めることを言わなければいけません。

     就職が内定して、アルバイトは退職…となるためにアルバイト先の会社側としても仕方がないと感じるので、トラブルなく退職手続きは終わらせることはできるでしょう。

     ただ、辞めるのであれば内定が決まった後に早めに申告しておくようにしましょう。そうでなければ入社までに調整が間に合わない可能性が出てくるからです。アルバイトであったとしても円満退職を目指したほうがよいでしょう。

     アルバイトなので辞めたいと思えば、「辞めます」と言って辞めても問題が無い場合がほとんどですが、場合によっては“人手が足りないからぎりぎりまで出勤してくれ”と頼まれるかもしれません。就活中は現金収入源としてお世話になった人たちなのですから、できるだけ協力的になることがオススメです。
     

    入社日を決めることについて

     そしてバイト先のことがあれば入社日の方も調整する必要があります。バイトの方は社員ではないため短期間で辞めることはできますが、それでも一定の期間は必要であるため、その辞める日のことも考えて話し合いをしてもらいましょう。基本的に入社日は何度も延長できるものではなく、場合によっては内定取り消しになってしまうこともあるため、他の入社までに準備するものと考えて設定をするようにしましょう。

     法的にはアルバイトは「辞めたい」と言って2週間経過すれば自動的に辞めることが可能です。“どうしても辞めてもらっては困る”ということを言われない限りは、すぐに辞められるのがアルバイトのアルバイトたるゆえんでしょう。

     内定が出てから入社日を引き延ばそうとする男女がいますがこれはできるだけやめたほうがよいでしょう。内定を頂いてから、入社を延長できるのはせいぜい1か月先くらいまで、です。なかには「内定日から入社日を3か月後にしてほしい」などと平気で要求する人もいるそうですが、こういうのはもちろん不可でしょう。会社は中途採用した人材に関しては、“今すぐにでも入社してほしい”と考えていることがほとんどであると言われます。
     
     
    関連記事

  • 入社前に確認すべきことは
  • 大学中退者が途中入社した場合には
  • 大学中退での就職~試用期間とは~