自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい?

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい
就職活動で最も重要なのが企業分析です。企業が立ち上げているホームページは就職希望者にとって大事な情報収集の場ですが、中には自社のホームページを持たない企業もあります。そんな時、どのように企業の情報を収集すれば良いのでしょうか?

元人材屋の熱視線!今回は企業情報調査のテクニックを解説
興味がある企業のWEBが見当たらない!でも慌てないで。ネットの口コミ、転職エージェントの巧みな使い方、面接での直接取材など、方法を駆使すれば調べる方法はいくらでもある!

転職に必要な『確認しておくべき情報リスト』も使いながら、わかりやすく解説します!

「自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい?」の続きを読む…

電話嫌いを克服しよう!

相手と話せる機会に感謝する

 声だけのやり取りになり、話す相手の顔や表情をじかに見ることのできない電話。この少々特殊なシチュエーションに違和感を覚え、緊張してしまう人は少なくないと言われています。現代生活において私生活での電話離れが進んでいるのが原因ともされています。

 しかし、どんな理由があったとしても、ビジネスにおいては電話対応を避けて通ることはできません。そのため、何としてでも電話恐怖症を克服しなければなりません。そこで、次に誰かと電話をするとき、見えない相手の姿や表情などを想像しながら話してみましょう。電話越しであれ、相手と話をする機会が得られただけでも素晴らしいのですから、その縁に感謝してみましょう。

 また、今なぜその人に電話をかけているのかという目的も再確認しましょう。その人と話すだけのために電話しているのではなく、確認事項や交渉をするためのはずです。電話での通話そのものを目的とするのではなく、本当の目標を正しく理解すれば、無駄に緊張をすることはなくなります。

メモを取りながらゆっくりと話す

 プライベートではなく仕事目的での電話をかけるときには手元にメモ帳や紙を置き、メモを取るようにするのがおすすめです。通話中に手を動かしていれば緊張もおさまってきますし、何よりも会話内容の要点を落とすことがありません。

 また、相手に話す内容のメモも事前に取っておき、それを見ながら筋道を話すようにするのがおすすめです。緊張している・していないにかかわらず、用意ができていないまま電話をすると肝心な発言を言い逃してしまうケースが多々あるからです。

 さらに、通話中にはできるだけゆっくりと話すように心がけてみてください。落ち着いたトーンの声ではっきりと話すだけで、通話することで生じる緊張やあがり症の症状を大幅におさえることができます。思いやりを込めて丁寧に話せば相手も緊張を解いてくれるので一石二鳥です。

年末年始の間に就活の準備をしよう!

企業も採用活動を休止するのが年末年始

 年末年始前後は、工場などの生産ラインが止まることもあり、年末年始進行といって、前倒しで仕事を進める企業が多いものです。さらに年末年始は長くお休みする企業も多く、採用活動も休止状態になるところがほとんどです。

 面接などがなくなる年末年始こそ、正社員就職を目指す大学中退者にとって、しっかり活動準備をするチャンスです。応募の締め切りに追われて、なかなか時間をかけられれないでいる、業界研究や企業分析、求人情報の取捨選択をしっかり行えるチャンスです。

「年末年始の間に就活の準備をしよう!」の続きを読む…

早めに手を付ければ大学中退者も就職が可能

時間をおかずにすぐ考える

 大学中退者は仕事を探すことになるのですが、就職活動という意味では時間との戦いになります。明らかに中退してから時間が空いているようだとおかしいと思われてしまい、面接でも色々なことを聞かれてしまいます。そのためある程度時間を開けないようにして、すぐに就職活動を行ってください。 「早めに手を付ければ大学中退者も就職が可能」の続きを読む…

人事担当へ効果的に印象を残す方法|問題解決の能力をアピールしよう

 就職というのは、いうまでもなく自分が収入を得るための手段です。しかし、そのことだけを考えていても、スムーズに自分の望む仕事につけるとは限りません。現在、大学新卒以外にも、いろいろなステータスの人が職を求めて行動しています。ここでは、そのような人がうまく自分をアピールするために、心がけておいた方がいいことを考えてみましょう。 「人事担当へ効果的に印象を残す方法|問題解決の能力をアピールしよう」の続きを読む…