正規雇用と非正規雇用の違いと、その違いを見極める時の注意点

敢えて定義付けをしてみましょう

 正規雇用と非正規雇用には、これといった定義がありません。しかし、その中でも敢えて定義付けをしたらどうなるのかを考えてみましょう。

・契約期間が無期限である
・給与が比較的高く、そこに賞与や退職金などもついてくる
・社会保険等へ加入ができる

 非正規雇用と比べた場合これらに差があり、正規雇用であればほとんどの人が当てはまるであろうことを挙げてみると、上記のようなものが出てきます。つまり、正規雇用社員にはほぼ漏れなくこれらのことが当てはまるということ。

 勘違いしてはいけないのは、非正規雇用だからと言って絶対にこれらが当てはまらないというわけではありません。特にボーナスや社会保険への加入というのは、アルバイトなどでも受けられることがあるため、“敢えて”定義付けをしたらこうなる、と覚えておいてください。

企業によって違いも差も異なります

 定義が少し曖昧で、敢えて定義をつけないと分けられないのが正規雇用と非正規雇用というもの。よって、企業それぞれで別の違いや差があることも珍しくはないのです。

 企業によっては、正規雇用と非正規雇用を分けているにもかかわらず、給与も試用期間もボーナスも退職金も社会保険も福利厚生もほとんど差がないケースもあります。働く方としては迷ってしまいますが、事実、こうした企業も意外と存在しているのです。

 アルバイトでも、「関連施設の利用無料」と謳っている求人はよく見かけますし、「ボーナス支給」と求人に書いてある企業も少なくありません。

その企業の雇用形態をチェック

 就職を希望している人が求人をいろいろとチェックする時には、それぞれの企業の雇用形態と、その人たちがどのような働き方ができるのかを細かく見極めていくことが重要です。これも就職活動の非常に大切な作業になることを忘れてはいけません。

 つまり、正規雇用と非正規雇用を一括りにしてはいけないということ。A社の正規雇用社員とB社の非正規雇用社員、冷静に比較してみたら、もしかしたらB社の非正規雇用社員の方が圧倒的に待遇が良いかもしれません。そんな可能性も否定できないのです。

 正規雇用と非正規雇用の違いは、大まかには理解しておいた方がいいですが、それぞれの求人を良く見て違いを把握する、この意識がより求められるのでしょう。

大学中退者のブラック企業との関わりは

認識を間違えていないか

 最近ではブラック企業もすっかり認知されている社会となっています。特に就職に向けて動いていた大学生であったのであればブラック企業の情報に関しては既に働いている人達よりも大分仕入れているでしょう。

 ただ、ブラック企業という言葉が独り歩きしてしまい、本来ブラックではなく少し厳しい企業までもがブラック呼ばわりされている現状もあります。

 ブラック企業の情報を仕入れているとは思いますが、そのブラックの定義はしっかりと正しい認識をしているでしょうか?不安や疑問があるのであればもう一度ブラック企業というものに関して調べてみましょう。
 

反面教師にする

 就職するのではなく起業をしたいと考える大学中退の方もいるでしょう。そうした方もこのブラック企業に関してしっかりと調べておきましょう。

 それは自分が起業する際にブラック企業を作らないようにするためです。個人のフリーでやっていく人もいるかもしれませんが、もし雇用をして一企業としてやっていくのであれば、是非とも抑えておいてください。

 ブラック企業になってしまえば待っているのは信頼も何もない人間関係と破滅への道です。他人を粗野に扱えば自分自身も見限られるのは当然のことです。何よりブラック企業というものを増長させる結果となるのです。
 
 
関連記事

  • 大学中退者の利用する求人媒体
  • 大学中退者がスカウト機能を利用するのなら

  • 大学中退者がスカウト機能を利用するのなら

    資格や免許があれば十分可能性はある

     スカウト機能は企業側から雇用の勧誘が来るのを待つための機能です。

     こうしたスカウト系列はスキルも経験も豊富な人間を採ることが多いために大学中退で就職したい人間が使っても意味がないのではと考える人がいるかもしれませんが、そのような立場の人間でも十分スカウトされる可能性はあります。

     就職するために資格や免許といったものを取得した人もいるでしょう。その資格や免許に価値を見出してくれる企業が出てくれば大学中退の方でもスカウトされることがあります。

     そうした企業にとっては資格や免許を取得するに値する技術が必要であり、その人間が大学を卒業してようが中退してようが関係がないのですから。
     

    逆に言えば資格や免許を取るまでは

     ただ、逆に資格や免許といったものがない場合にはスカウトされる可能性は低くなります。

     スカウト機能自体は後から情報追加は可能ですが、登録するのであればそうした資格や免許といったものを取得してからにしましょう。

     というのも何もないまま登録しても企業としてはスカウトする気にならなくなり、更にその1回見ただけでその人間はもう見ないと考える企業もなくはないものであり、後から情報を追加しても後の祭りになってしまうことがあります。

     もちろん登録する際には間違いのないように登録することも大事です。速さが要求される作業ではないのでじっくりと焦らず入力していきましょう。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者の利用する求人媒体
  • 大学中退者のブラック企業との関わりは

  • 大学中退者の利用する求人媒体

    ネット利用の求人探し

     求人情報媒体としてはやはりネットを使うのが一番です。ここでのポイントは「ネットを使う」のが一番であり「求人サイトを使う」ということではないです。

     大学中退後もある程度年数が経過してしまえば既卒として転職者と同じようなスキルを求められることになります。そうなれば求人ではなく転職サイトを利用することも考えなくてはいけません。

     また企業によっては直接サイトに求人情報が掲載されているということもあります。そのため求人サイトに限らず「ネット」を存分に活用するのがいい求人を探す近道となります。
     

    求人媒体は求人を見るためだけのものではない

     求人情報を探すために様々な求人媒体を利用していると思いますが、そうした媒体は何も求人情報が掲載されているだけではありません。

     中には就職活動のやり方、応募書類の書き方、面接のコツといった情報が書かれているところもあります。

     これらの情報は実際に就職活動をする上では役に立つ可能性が高いものです。就職活動に不安を覚えている方はこれらの情報も役に立たせるのがいいでしょう。

     実際に掲載されている情報は媒体によっても変わってくるため、そういう意味では求人のためだけではなくそれらの情報のためにも様々な媒体を利用した方がいいというこにともなります。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者がスカウト機能を利用するのなら
  • 大学中退者のブラック企業との関わりは

  • 情報収集をしよう

    xf3055067643l

     これから就職を考えている方へ、まずは行動する前に「情報収集」を徹底する事が成功へのカギになります!特に大学中退というのはデメリットになりやすいので、様々な情報をしっかり取り入れていく事が就職成功への近道となります。

    ●何の情報を収集すれば良いのか?
     まずは求人探しから始めると思いますが、ここから戦いは始まっています。様々な求人検索媒体がありますが、それぞれによって取り扱っている求人数も求人の質も全く異なるのです。優良企業と言われている人気の求人は、一般的には出回る事はとても少なく、多くの場合は争奪戦となる事も。様々な情報媒体を利用する事で、貴重な優良求人をいち早く発見できるというメリットもあるのです。 「情報収集をしよう」の続きを読む…