願い下げ!?立ち向かう!?圧迫面接に立ち向かう方法

企業の中には応募者の力量を図るべく、敢えて圧迫面接を行う所もあるようです。

求職・転職希望者にとっては好ましいものではないのですが、圧迫面接を客観的に考える事で、どのように対処すれば良いのかが見えてきます。

企業側の理屈としては、「テスト」

圧迫面接は、求人に応募した人間にとっては良いものではないでしょう。むしろ理不尽さを覚え、「こんな会社はこっちから願い下げだ」と面接が終わる前に決意する人もいるのではないでしょうか。

面接での応対であれこれ言われるだけでも腹立たしいものですが、経歴や人格等にまであれこれ言われるとなると、圧迫面接という枠を超え、もはやパワーハラスメントにも抵触しているのではないかと思う人もいるでしょう。

確かに圧迫面接で「楽しい」と思える人はなかなかいないもので、感情的になってしまいがちなのですが、企業にとっては自分の会社で戦力になってくれる人材を求めているのです。圧迫面接も様々で、明らかにパワハラであったり、人権や名誉を損害するようなものもあるのですが、中にはそれらに抵触せず、巧みに圧迫面接を行う企業もあります。

面接はあくまでもテストです。企業側とてボランティアではありません。入社したら圧迫面接さえ子供騙しだと思うような辛い事が待っているかもしれないのです。圧迫面接で狼狽しているような人間は、企業にとっては「雇う価値はない」と判断されてしまっても仕方ないのです。

何が求められているのか

面接官が圧迫面接を仕掛けてくる理由は、単純に「自分の予期していない時にどのように応対するのか」を見たいのです。

仕事は予定調和ではありません。時には予期していないアクシデントに見舞われるケースとてあるでしょう。周りがすべてお膳立てをしてくれるのではなく、自分でお膳立てしなければならない事も多々出てくるでしょう。雇ってから「実はアドリブに弱いんです」と言われても企業側も困ります。

面接時、圧迫面接を仕掛ける事によって、予期していない時にどのような行動・言動を取るのか。企業側が見たいのはその点なのです。少し予期せぬ事や都合の悪い事を言われて「…」となってしまったり、明らかに落ち込んだりシュンとなってしまったり。これでは企業側は「アクシデントに対応出来ない人間」と判断するでしょう。

特に昨今、就職や転職時の面接マニュアルを暗記してきたかのように、同じような言葉を発する人間が増えているとも言われていますので、面接官としても、応募者の素の部分を見たいという思いもあるでしょう。事実、圧迫面接で言い返したら、なぜだか採用通知をもらったという話もあります。企業側としては、「アクシデントにも動じない人間」だと判断したのでしょう。

どのように応対するのが良いのか

では実際に圧迫面接に接したらどうするのか。実はこの答えは決して難しいものではありません。

むしろ簡単です。面接官は応募者から余裕を奪いたいのです。圧迫面接が来るかもしれないと心の中で構えておき、挑発的な言動をされたらムっとしたり、かといってシュンとなってしまうでもなく、冷静に、言葉だけに反応すれば良いのです。もしもですが、パワハラまがいなものであれば、パワハラだと指摘するのもありです。

あくまでも冷静に「それは面接に関係ないだけではなく、パワハラに抵触している可能性もありますが」と告げる。

「入社したいのにその態度?」と言われたら
「この面接を受けるまでは入社して力になりたいと思っていましたが、この面接で気持ちが変わりました」等、
パワハラの際の返答もある程度用意しておくと良いでしょう。何も言い返せないのが一番問題です。

まとめ

圧迫面接はいろいろと問題があるかもしれませんが、それを乗り越えなければ戦力にならないと判断される部分があるのも事実です。

慌てたり動揺したり、これでは企業側は「魅力的な人材」「ぜひうちで働いてもらいたい」とは思わないでしょう。あくまでも冷静に対処する事が求められていますので、感情的にならず、言葉だけで判断し、対処しましょう。