自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい?

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい
就職活動で最も重要なのが企業分析です。企業が立ち上げているホームページは就職希望者にとって大事な情報収集の場ですが、中には自社のホームページを持たない企業もあります。そんな時、どのように企業の情報を収集すれば良いのでしょうか?

元人材屋の熱視線!今回は企業情報調査のテクニックを解説
興味がある企業のWEBが見当たらない!でも慌てないで。ネットの口コミ、転職エージェントの巧みな使い方、面接での直接取材など、方法を駆使すれば調べる方法はいくらでもある!

転職に必要な『確認しておくべき情報リスト』も使いながら、わかりやすく解説します!

求人広告やインターネットの情報を徹底調査

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい01
自社ホームページが無いのなら、求人広告をしっかり読み込みましょう。特に、求める人材の欄はしっかり読むことが重要です。会社の所在地を確認して、実際に見に行ってみるのも会社の環境は働いている人を見ることができるので、意味がありますよ。

それでも、少ない求人広告から読み取れる情報はそう多くはありません。そんな時は、インターネットの口コミ情報を参考にするのも手です。ただ、不特定多数の人たちが匿名で書き込むインターネットの口コミには、信ぴょう性がありません。

その会社への悪意がこもった不平不満、悪口などが書き込まれていることもありますから、そのような情報を信じ込まないようにしてください。ネットの口コミを見るなら、アカウントを取得したり利用料金が発生したりするような仕組みの口コミサイトをおすすめします。ある程度、書かれていることに責任を持つことになりますから、信用度は高まります。

企業について情報を集める口コミサイトなら、その企業に在籍したことがある人達の生の情報を得ることができます。給与体系や昇給・昇格、人事評価の仕組み、有給休暇などの待遇面での具体的な制度や女性の育児休暇などに対する実績など、様々な面からの企業の情報を得ることができるでしょう。このように、口コミサイトは意外と侮れないのです。

本項のまとめ
WEBが無い企業の企業情報は登録が面倒くさそうな口コミサイトから収集するのがベストです。

転職エージェントを通して企業情報を得る

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい02
個人で企業の情報を取得するのは、限界があります。そんな時は、転職のプロにお任せしてしまうという手もあります。転職エージェントに登録するのです。そうすれば、キャリアコンサルタントが企業情報を利用者に提供してくれるサービスを受けることができます。

転職エージェントには、企業を回って求人が無いかを聞きに行く企業担当と言われる担当者がいます。この企業担当は直接企業の人事担当者と話をしていますので、「どのような人材が不足しているのか」「どんな人材なら採用してもらえるのか」ということを把握しているはずです。さらに、過去に転職希望者を紹介したことがあるケースもあり、その企業がどのような人材を欲しがり、どのような待遇や仕事内容なのかを知っていることもあります。

特に、大学を中退した人は、自力で就職活動をすると圧迫面接をされたり就職ノウハウを知らなかったりして、就職活動が難航する人が多いでしょう。転職エージェントに登録すれば、転職のプロであるキャリアコンサルタントが就職活動をサポートしてくれます。ですから、企業情報を得るためだけでなく、面接リハーサルや応募書類の添削サービスなど、初めて転職する人に役立つサービスを受けることもできるのです。

少し話がズレてしまいましたが、転職エージェントに登録すればキャリアコンサルタントに頼んで直接企業に話を聞いてもらうこともできます。しかも、基本的に転職エージェントはいくら利用してもお金がかかりませんから、使えるものはどんどん使ってしまいましょう。

本項のまとめ
企業情報のデータバンクとも言える転職エージェントに直接聞いてしまうのが一番確実かも。『登録が面倒」などと言っていては、転職戦争にはまず勝てません!

事前調査が難しい時は面接で詳細を確認する

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい03
企業情報は事前に調査しておくことがもちろん望ましいですが、全ての情報を調べつくすことなどできません。そんな時は、面接の場で直接その会社について聞きたいことを聞いてしまっても良いのです。その際は、聞きたいことをあらかじめまとめて、さっと質問できるようにしておいてください。企業側も、就職希望者の方から質問されると「うちの会社に興味をもってくれているんだな」と印象が良くなるはずです。

ただし、「休みはどれくらいですか?」とか、いきなり「年収はいくらになりますか?」などということを聞きすぎるのはNGです。経営理念や仕事内容についてなど、その会社に興味があるということをアピールするのがポイントです。休みや年収については、採用が決まる頃に聞いても遅くはありません。

本項のまとめ
最終手段的方法だが、質問事項をリスト化し、直接面接に乗り込んで聞くのもアリです!面接官に「ウチの会社に本気で興味があるんだな」「この人、質問が明瞭だ」と思わせるW効果もあって、点数が稼げます。

確認したい企業情報とは?

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい04
企業情報と言っても、いろいろな情報があります。ここでは、特に注意して確認すべき企業情報の一覧を示しますので、参考にしてください。

情報名 その情報からわかること・注意すべき点
勤務地 あなたがどこに通えばよいのか、また、転勤したらどこに行く可能性があるのかがわかります。
休日・勤務時間 休日や勤務時間について明示されていない場合は、休みが極端に少ないなどということもありますから、注意が必要です。
給与 給与についても明示されていない場合、注意が必要です。
手当 残業手当、休日手当などの手当については必ず確認しましょう。
福利厚生制度 有給休暇、育児休暇などの休暇や、扶養手当などの福利厚生制度は意外と重要です。
仕事内容 入社したら聞いていた仕事内容と違うというケースもありますから、しっかり確認しておきましょう。「コンサルタント」などというよくわからないカタカナ名で仕事内容がぼかされている場合は、要注意です。
責任範囲 仕事の責任範囲は重要です。そのプロジェクトを任されたのに、他のプロジェクトの仕事もいつのまにか責任範囲になっていることもあります。
必要な資格やスキル 必要な資格やスキルは確認が必要です。資格やスキルによる手当についても合わせて確認しましょう。
企業の経営状態 企業の経営状態が良いのか悪いのかは確認しておきたいものです。企業の格付けや株価などから確認することができます。
この記事のまとめ
  • 企業のホームページが無くても、慌てることはありません。情報の信頼性をきちんと確かめれば、求人広告やインターネットの口コミなど、様々な媒体から企業情報を得ることができます。
  • やはり、一番確実なのは転職エージェントを利用して企業情報を得る方法です。転職エージェントなら、直接企業の人事担当者から情報を仕入れてくれますから、かなり役に立つ企業情報を得ることができるでしょう。
  • 結局、面接の場で企業に直接確認するのが、一番確実です。面接で質問が多いと、面接官の印象が良くなるという副次効果も。