履歴書の学歴は高卒まで書いて大学中退は書かなくても大丈夫ですか?

履歴書の学歴は高卒まで書いて大学中退は書かなくても大丈夫ですか

履歴書の学歴は高卒まで書いて大学中退は書かなくても大丈夫ですか?

大丈夫ではありません。もし大学を中退しているのであれば、それも履歴書の学歴欄にしっかりと明記しておきましょう。

高校を卒業してから大学に行かなかったという経歴と、高校を卒業してから大学には行ったけれども中退してしまったという経歴は、最終学歴で見れば“高卒”と、同じものとなります。

しかし、大学を中退しているのとしていないのとでは、全く同じ経歴であるとは言えないはず。少なくとも企業の人事担当者は、「異なる経歴だ」と考えるでしょう。

あなたもそれはわかっているはずです。なぜなら、「大学中退という事実をできるだけ隠しておきたい」という心理が質問から滲み出ているからです。それを記載すれば就職には不利になるかもしれない、と思っているからこそ、このような質問をしているのではないでしょうか。

確かに人事担当者によっては、大学を中退していることをよく思わない人もいるのかもしれません。しかし、だからといって大学を中退していることを履歴書の学歴欄に記載しないとなれば、その後、他の問題が浮上してしまう可能性も出てきます。

それが、“学歴詐称”です。詐称という言葉を使うとかなり強い印象に感じるかもしれませんし、中退者が「大学を卒業した」としているわけではないので詐称と表現するのは確かに適切ではないのかもしれませんが、これも人事担当者によっては確実に「学歴詐称だ」と感じると思っておく必要があります。

人事担当者には正しい情報を伝えるのがマナーであり常識。それを怠り、例えば書類選考を通過した後の面接で、「実は大学を中退しています」と伝えれば、「なぜ履歴書に書かないのか」と突っ込まれ、採用される可能性もほぼ消えてしまうでしょうし、内定をもらった後でそれが企業側に知られてしまえば、「内定は取り消す」と言われてしまう可能性も出てきてしまう危険があるのです。

あなたにとってのコンプレックスなのかもしれませんが、それでも履歴書の学歴欄には大学を中退した事実についてしっかりと書いておかなければなりません。何一つ省かずに履歴書の各欄を埋めていきましょう。