面接では“第一印象”が全てを決定づけています

就職希望者は第一印象が命

 面接では第一印象が非常に重要な役割を担っている、というのは就職希望者であれば大学を中退していても認識はしているでしょう。しかし、きっとあなたが思っている以上にこの第一印象は面接で重要なポイントとなってくるはずです。

 なぜなら、実績もキャリアも社会人経験もないからです。転職活動者であれば、第一印象の悪さをキャリアでカバーできるかもしれませんが、就職活動者ではそれは無理。その上、大学を中退しているとなれば、最初の時点でマイナスから始まっていると考えられるため、第一印象を疎かにすれば、まず内定をもらえることはないでしょう。

面接官に受ける身だしなみ

 業界や職種、企業によってこの辺りには違いが出てきますが、普通の面接官であれば、非常に無難な身だしなみに好感を持つはずです。

 黒やグレーのスーツに身を包み、髪型もしっかりと整えられ、派手なネクタイやアクセサリー等を身につけていない格好、これが無難な身だしなみの代表例。当然着崩すこともなく、サイズ感や清潔感といったものにも問題があってはいけません。

 職種や企業によっては個性を求め、そうしたものが出ている格好の応募者に好感を持つ面接官もいるかもしれませんが、大学中退者に限ってはそうした個性は出さない方がいいでしょう。「所詮、大学中退者」と思われたら厄介です。あくまでも無難な身だしなみを意識し、第一印象を崩さないようにしなければいけません。

表情はその人の心の鏡

 第一印象と聞くと、上記のような服装や髪型、身につけているもののみにフォーカスしてしまう人が多いようです。面接官は応募者の“表情”でも第一印象の良し悪しを決定しているため、ここも必ず対策をしておいてください。

 表情は常に柔らかく、その場で繰り広げられる話の内容によっては顔を崩したり真面目な顔をしたりなど、状況に合わせた表情ができるようにしておきたいものです。ついつい眉間にシワを寄せてしまう癖のある人は気をつけましょう。無表情な人も第一印象は良くありません。

 表情はその人の心の状態が露骨に出る部分なので、内面も穏やかで、しかし気合ややる気が感じられる、そんな表情を作る練習をしておくことが求められます。