大学中退後はすぐに就職活動を始めた方がいいって本当ですか?

大学中退後はすぐに就職活動を始めた方がいいって本当ですか?

大学中退後すぐに就職活動を始めた方が有利かどうかは、人によって違うのかもしれません。

確かに、就職活動をするなら年齢が若い人の方が有利でしょう。しかし、大学を中退した人のほとんどは20代前半のはずですから、そこから数年は就職活動をせずとも、まだまだ圧倒的不利になるとは言い難いと思います。

大学を中退してからその数年の間、何をしているかによって、就職活動の有利・不利は変わってくるのではないでしょうか。何もせずにフラフラと過ごしていたのであれば、だったら大学を中退してからすぐに就職活動を行った方が就職できる確率は高かったでしょうし、より良い企業へ就職することができたのかもしれません。

大学を中退してから数年間、例えば留学していたり非正規雇用ではあるけれども何かしらの仕事に取り組んでいたりなどすれば、それが就職活動に有利な材料となり、大学を中退してからすぐに就職活動を始めた場合よりも良い就職ができる可能性が高まると言えそうです。

あなたがどのような企業に就職したいのか、これによってもやはり、すぐに就職活動に取り組むべきかどうかが変わってくるはずです。資格を持っていた方が有利な職種なのであれば、大学を中退した後すぐに就職活動に乗り出すのではなく、一定期間その資格取得のために動いた方が、希望の就職がしやすくなるのではないでしょうか。

留学するにしても非正規雇用で働くにしても、あるいは資格を取得するために勉強するにしても、それらにあまり時間をかければ20代も後半にすぐに突入してしまうので、デッドライン的なものはあるのかもしれません。

それさえ越えなければ、大学中退後すぐに就職活動を始めた方が絶対的に有利になるとは言い切れないため、自分の現在の状況と将来のプランを見据えた上でどのような行動に出るべきなのか決めなければならないと言えそうです。

その他の質問:
大学中退の理由は正直に答えても大丈夫でしょうか?
履歴書に趣味や特技を書く欄があるのですが、採用に関係しますか?
内定を複数頂いた場合どうやって1社に絞ったらいいですか?