履歴書に趣味や特技を書く欄があるのですが、採用に関係しますか?

履歴書に趣味や特技を書く欄があるのですが、採用に関係しますか?


履歴書に記載する趣味や特技の欄が採用に関係するかどうかは、一概には言えません。関係するケースもあるでしょうし、しないケースもあるのです。

例えば、ゲームクリエイターを募集している企業に応募する人の履歴書の趣味の欄に、『ゲームを自作すること』と書いてあれば、応募先企業の人事担当者は、「採用する価値があるかもしれない」と、採用を前向きに考えるキッカケとなるでしょう。

他にも、営業職を募集している企業に応募する人の履歴書の特技の欄に、『一目でその人の性格がわかる』と書いてあれば、その能力によって顧客へのアプローチを変化させたりなどの戦術が立てやすくなるため、やはり「採用する価値があるかもしれない」と考えるはずです。

つまり、応募企業が必要とする能力が趣味や特技として記載されていれば採用には大きく関係し、全く関係のないことが書かれていれば、採用にはあまり関係しないことが多いと言うができるのです。

ただし、全く関係のないことであっても、その趣味や特技が非常に特殊なものであれば、興味を持ってくれるかもしれません。興味を持ってくれれば面接で人事担当者がそれに対して質問をしてくれるかもしれませんし、そうなれば直接仕事には関係ないものの、人間的な魅力を見出し、それによって採用を前向きに考えてくれる可能性もなきにしもあらずでしょう。

ということで、履歴書の趣味や特技を書く欄には、何かしら書いておくことをお勧めします。また、できるだけ詳しく書いておくようにしてください。

ただ「読書」や「映画鑑賞」などとするのではなく、もう少し詳細に書いておくことで、人事担当者の気を引くことに繋がるかもしれません。それが志望動機などよりも目立ってしまってはいけませんが、“つまらない趣味・特技”やありきたりな趣味・特技とはならないように注意すれば、採用に関係する可能性は十分に出てくるでしょう。

その他の質問:
大学中退の理由は正直に答えても大丈夫でしょうか?
内定を複数頂いた場合どうやって1社に絞ったらいいですか?
資格をたくさん持っている人のほうが就職は有利になりますか?