入社前に確認すべきことは

企業について

 就職活動をし、もし内定が決まったのであれば、改めて企業の情報の確認をしておきましょう。そうして仕事内容と職種に関して確認しておけば、仕事をするとなった際にも頭の方で準備をしておくことができるからです。

 また、それだけでなくいざ入社するとなればビジネスマナーと規則を守って仕事をしなければいけません。企業の情報の中にはそうした規則に関して書かれている場合もあるため、それを把握しておけばいざ仕事の際にも用心して行動することができます。

 実際には仕事を体感しなければ本当のことは分からないものですが、準備をするだけでも大分変わってくるので、時間が空けばそうした情報を仕入れておくといいでしょう。

 ビジネスマナーですが、服装には特に気をつけましょう。清潔感を持ち、新入社員らしいスッキリとした格好を心がけること。言葉遣いにも気を使い、間違った日本語やスラングなどを使わないように気をつけておかなければいけません。

体調は大丈夫か

 特に病気の関係で大学を中退せざるをえなくなった人は体調も確認しましょう。内定が決まったからといって無理をするとすぐさま寝込むことになってしまうからです。そうなれば折角決まった就職も台無しとなってしまいます。病院で診断を受けるのはもちろんのこと、入社までに無理な行動を控えた方がいいでしょう。

 また、バイトをしている人も、そのバイト先で怪我や事故に遭わないように用心して行動しましょう。浮かれている時ほど危険というのはやってくるものですから。

 そうした特別な事情がなくても、体調の管理は必須です。就職をすればこれまでの環境とは別物となるため、ただでさえ体調を崩しやすいもの。しかし、そうなっても誰も助けてはくれません。むしろ、「入社早々、体調を崩すなんて社会人失格だ」と言われてしまうこともあるのです。

 よく寝る、バランスよく食べる、適度に運動をする、こうしたことを毎日の習慣とし、入社に備えるようにしてください。
 

入社時に挨拶の用意

 入社したら、まずは、従業員の前で挨拶をすることになるでしょう。新入社員に対してこれをしない企業はまずありません。たかが挨拶、されど挨拶。この時の印象があなたの人間像を決定付けることもあるので、事前に準備をし、卒なくこなすようにしておいてもらいたいものです。

 名前、年齢、簡単な経歴、意気込み、会社への印象などを簡潔に述べられるようにまとめておきましょう。経歴のところで大学中退について触れるかどうかは自由ですが、アットホームな雰囲気の会社であれば、それに触れることで、他の従業員との距離が近づくかもしれません。どこかに欠点や隙がある人は、簡単には憎めないものなのです。
 
 
関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 大学中退者が途中入社した場合には
  • 大学中退での就職~試用期間とは~