自分の長所と短所を言える?

長所と短所を把握する

 面接では自分の長所と短所を聞かれる場合があります。

 場合によっては聞いてこないかもしれませんが、相手が大学中退の人間となると企業側としても短所を理解しているかどうか知りたくてこの質問をしてくることがあるでしょう。

 これに答えられないということは自分のことが分かっていないということです。そのために面接前にこれの答えを把握しておかなければいけません。

 自己分析で考えるのはもちろんですが、これに関しては他人に聞いた方が効率としてはいいでしょう。他人からの言葉であれば客観的な意見として理解することができるからです。

 ただ、人によっても自分の長所と短所をどう把握しているか変わってくるので、1人だけではなく複数の人間に聞くようにしましょう。
 

知った上での内容

 ただ、知ったところで短所をそのまま言ってしまえばマイナスとなってしまいます。そのためにマイナスの印象をどうにかして軽減させるための内容を考えなければいけません。

 短所は見方を変えれば長所である可能性があります。当然その逆も然りです。そのため自分の短所からプラスになるような点を考えてそれを内容につけ加えればマイナスの印象は大分薄くなるでしょう。
 
 
関連記事

  • 大学中退者の聞かれることは
  • 大学中退者のする面接対策