履歴書はどのような形式を利用すればいいか

自分をアピールできるものを選ぶ

 履歴書と一言でいっても様々なフォーマットのものがあり、学生向けのものもあれば中高年向け、転職者向けもあれば職務経歴書が付属しているものもあります。大学中退の方が選ぶとなれば基本的に新卒の学生が多く用いている“就職用”のフォーマットを利用することになりますが、むしろ“○○向け”に拘らず自分のアピールが最もできるフォーマットのものを選ぶのがいいでしょう。

 自分に合ったフォーマットが無いと感じるのなら、フォーマットを自作することもできます。ネットで検索すれば履歴書フォーマットはデータでダウンロード可能ですので、自分にとって気合いを入れて書きたい欄を拡大して、あまり記載するべきことが無い欄を縮小する…といった感じでレイアウトしてもよいでしょう。しかしレイアウトに個性を出し過ぎるのも問題がありますので、ぱっと見た時に履歴書に見えることは大事です。

 大学中退した男女のはじめての就職となれば職務経歴書を書こうにもしっかりした実務経験は存在しません。しかし会社によっては履歴書と職務経歴書をセットで提出することを要求することが多いですから、そうしたケースでは職務経歴書も作成する必要があります。

 面接に進めるかどうか?は、履歴書でどれだけ自分をアピールできるかが全てとなるから書類作成は非常に重要です。何より「自分は大学中退の立場だから、このフォーマットを選ぶ」というように選んでいたのでは記載している文章とか述べている考えが偏ってしまっていることもあり、履歴書を書くのに支障が出る場合があります。履歴書を書くには自分で考えなければいけませんが、フォーマットを選ぶのもまた自分で考えていかなくてはいけないのです。
 

パソコンを使うのが一番

 自分なりの履歴書を使うのであればパソコンを利用するのが一番でしょう。何故ならパソコンで作るのであれば自分である程度は自由に作成することができ、自分のアピールしたい欄を多めに取ることができるからです。おまけに一度作ってしまえば後は印刷するだけで済んでわざわざ買いに行かずに済みます。印刷環境が必要にはなりますが、それさえあれば履歴書の購入費用も抑えることができるのです。自分で作らなければいけない分作成自体に苦労することにはなりますが、その苦労も報われる可能性が高いです。

 応募書類がしっかりしているだけで有能そうに見えるので、不要な欄がたくさんある市販の新卒用履歴書は大学中退者には不適であるとする転職マニュアル本もあります。

 何度も同じ手間をかけたくない転職希望者ならパソコンを利用して作るのが一番でしょう。就職活動を決めたのであれば、まずは履歴書の作り方から入るのもいいかもしれません。求人広告や自社サイトをしっかり読み込んで“求められている人材”を把握することからはじめましょう。
 
 
関連記事

  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは
  • アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など