大学中退者の履歴書で見られるところとは

文章は大丈夫か?自分の言葉で書かれているか?

 大学中退者が履歴書を提出するのであれば見られるポイントの一つとして「文章」があります。内容ではなく文章です。というのも大学中退の方の場合にはバイト等で履歴書を書いたということもあるでしょう。

 自分の言葉で志望動機や自己PR欄がしっかり書けているかどうか?見られるポイントです。採用担当は手書きの文字のほうがありがたいのです。経験豊富な採用担当であれば、手書き文字を見ただけで、応募者の誠実さや真面目さを見抜くものだと言われます。結局真面目な人間が採用されるという傾向があります。

 バイトの場合には多少くだけた表現でも許容されることが多いですが、就職のおいての履歴書ではそういうわけには行きません。文章が明らかにビジネスのものとして相応しくない場合にはその時点で落選される恐れが高くなります。

 内容はもちろんですが、文章の方もしっかりと企業に出すものとしてよいか確認しておきましょう。自分でよくわからないのなら履歴書の添削サービスを利用しましょう。ハローワークや転職エージェントでも引き受けてくれるし、ネットにも有料になりますが履歴書や応募書類の添削を行うサービスがあります。
 

その人間なりの伝わる何かがあるか

 そしてもう1つ、履歴書を見るのならその人間なりの人柄が出ているかどうかも見られることになります。マニュアル通りに書いたような文章はそれだけで見る気が削がれるものとなるからであり、何より「自分の考えを持てない人間」と見られることになります。

 転職マニュアル本や、ネットの転職サイトなどの見本を参考にすることはよいですが、志望動機を丸写しにするのは不可です。丸写しにした時点で、応募先企業へ“どうしても入社したい”というこだわりとか熱意がまったく伝わらないです。志望動機欄は特に重要で、“なぜこの会社に入りたいのか?”“どうして同業他社ではだめでこの会社なのか”という点が伝わることが求められます。

 大学中退といえど大学に通学していたという事実はあるため、いい加減な応募書類を書いて、そうした内容のものを送るのは流石に採用担当にとって気分のいいものではありません。“どういった内容にするべきか?”という職務経歴書の構成はしっかりしておく必要がありますが、多少は自分なりの表現、この人にしか書けない本音などを見せればそちらの方が評価は高くなります。

 特に若者の就職で個性というものがいい・悪い含めて問題となっている今ではこうしたところでアピールするのが新卒との差を埋めるために必要なことでしょう。新卒と同じような頼りなさしか伝わってこないのなら、書類選考で落とされてしまいます。

 
 
関連記事

  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか
  • アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など