大学中退後に決める就職の方向

別の大学や専門学校に入り就職を有利にする

 大学を退学したところで別の大学や専門学校に入ることは可能です。もちろん卒業するまでに何年間時間を費やさなければなりませんが、それで卒業できれば大卒として就職の武器にすることができます。

 ただ、それでも大学中退をした事実は消えないために、もし再び大学や専門学校に入るのであれば、その身につけるものが就職に役立つものを狙って入学を考えなければいけません。

 就職のことを考えるのであれば実際に新しく大学へ入って何の技術を身につけて就職に役立てるのかを考えて選びましょう。
 

公務員を目指す

 大学中退をしても公務員になることは可能です。中退の時期にもよりますが、それでも大学の知識は身についている部分があるため、多少は公務員の試験も有利に進めることができるはずです。

 ただ、時間が経つほど公務員になるのは難しくなります。一般には30代辺りが限度とされているため、30までに就職できるようにどのように学習していくか、その間の収入はどのようにするか計画を立てていきましょう。

 もちろん計画を立てたところで本当に公務員になれるかどうかは時の運にも左右されます。その辺りのフォローも考えて計画を立てていきましょう。
 
 
関連記事

  • 大学中退者の就職目的
  • 就職率にこだわらず就職活動を