自己分析を活用して求人探しスタート

xf3055067643l

大学中退者が就職活動を始めるときに、まず「自己分析」を大畑っているはずです。
「自己分析」では、自分の価値観を知ることができます。
そして、「自己分析」で自分を知ることは、求人探しにも役立つのです。

「自己分析」を行うことで、自分の物事の考え方や性格、長所と短所、得意なこと、不得意なことなどがわかります。
この自分らしさを知って、自分の生き方に合った仕事を選ぶという視点が、就職活動にはとても大切です。

 
「自己分析」をすると、自分がどんなことに興味があり、何が得意かが見えてきます。
 
仕事は毎日、長い時間を費やすものですから、嫌いなことや苦手なことより、自分が好きなこと、得意なことをする方がよいに決まっています。
 
自分が興味をもって取り組めそうな業界や職種を、ある程度まで絞り込むのに役立つのです。
 
昔から憧れていた業界や職種があったとしても、自分の志向性にマッチしなければ、長続きさせるのは難しいものです。
 
どんなに知名度が高い企業でも、お給料が良いところでも、自分の価値観に合わない会社で働き続けるのは、相当ストレスフルなものです。
 
入社後に「企業風土や仕事内容が自分に合わない」と後悔することがないように、自分に合った求人探しが不可欠です。自分が得意なことを活かして、キャリアを積める業界や職種探しを、真剣に行いましょう。

さらに「自己分析」をすると、応募するときのアピールポイントが見えてきます。昨今、若者の採用の際、長所と短所をきちんと説明できる人材を求める傾向が強いです。
 
長所をアピールするのはもちろん、短所を理解しているから、働くときにどのように気を付けたいと思っているかを語れれば、企業の採用担当者の心象をよくすることができます。

 
大学中退者が「自己分析」をするときには、自分の良いことばかりに着目しがちです。
 
ですが、過去の失敗談や挫折などもあえて思い出し、どんなふうに取り組んだのか、クリアできなかった過去をどのように乗り越えたのかも、きちんと書き出しておくのです。

失敗しない人間など、この世にはいません。ですが、失敗から学べるひとと、逃げるひとがいて、希望の就職を果たすのは前者だけです。
 
大学中退の若者に対し、企業は即戦力として活躍してほしいとは考えていません。将来のポテンシャルがどれくらいあるかが、重要なポイントです。
 
失敗しても真摯に受け止め、前向きに乗り越えようという姿勢を伝えることも、アピールポイントになることを覚えておいてくださいね。