転職エージェントに申し込んだらわかったこと

xf3055067643l

 大学中退者が就職活動を行うにあたって困ることに一つに、大学生が活動を行う際に受けられる、就職課のサポートが望めないということです。就職活動を行うためには、自己分析や業界研究、企業研究の進め方など、基本的な知識が必要です。
 
 もちろん、インターネットや書籍で調べることも可能ですが、読んで得る知識は定着しにくいのが現実です。そこで活用してほしいのが、転職エージェントです。今回は、転職エージェントに申し込んだらわかったことについて、説明したいと思います。

転職エージェントのサポートを受ける

 
 転職エージェントに登録すると、まず専任のキャリアコンサルタントとカウンセリングを行います。このときには、自分のこれまでの経歴に関するレジュメや、希望する業界や職種などを、あらかじめ自分なりに用意しておくことになります。
 
 転職エージェントのキャリアコンサルタントはプロですから、カウンセリングを通して、登録者の強みや志向性、どんな職業に向いているかを、経験に即して判断してくれます。自分では気づかない長所を教えてくれたり、仕事の選び方自体にアドバイスをもらえることも多く、何から始めたらいいのかわからないひとこそ、活用してほしい求人媒体です。
 
 また、転職エージェントは、個別に応募する求人を紹介してくれます。その企業が求める人材像や、どんな仕事を行うのかを熟知しているので、応募書類作成のポイントや、面接応対なども、きめ細かにサポートしてくれます。

  自力ではなかなか学べない部分を、プロにサポートしてもらうことで、就職活動もグッと進むはずです。

まずキャリアプランをたてよう!

 
 大学中退者の就職活動は、ゴールを正社員としての就職に設定するひとが多いというのも事実です。ですが、新入社員としての就職はあくまで社会人のスタートで、その後に長いビジネスマン人生が待っています。
 
 転職エージェントは、業界や職種に関する情報も数多く持っていますから、将来的な展望を考慮しながら、自分の仕事を探す必要があります。ここで大事になるのが、就職前にキャリアプランをたてておくことです。
 
 就職して何年後には、これくらいの職位や収入を得ていたい、仕事の規模をどのくらい大きくしたいなど、自分なりに計画をたて、それをかなえるには、どのような仕事を選ぶべきかを考えるのです。キャリアプランの立て方も、転職エージェントで学べます。積極的に、活用してみてくださいね!