志望動機には意志と熱意を伝える

xf3055067643l

 大学中退者が就職活動を行う場合、職務経歴書が作成できずに、履歴書のみで書類選考を受けるケースが少なくないようです。職歴がない応募者を書類選考するときに、企業の採用担当者がチェックするのは、履歴書の「志望動機」と「自己PR」の欄です。今回は、「志望動機」の書き方について紹介します。

志望動機欄の意味

 そもそも履歴書は、応募者が企業に対して自己紹介するためのツールです。そのため、学歴や免許・資格欄、趣味・特技などの項目があるのです。その中で「志望動機」だけは、自分が将来何をしたいという、意思を伝えるための項目です。あなたの熱意を伝えるためには、志望動機を書く前の準備が大切です。

志望動機を書く前に行うべきこと

 就職活動中の大学中退者の中には、「志望動機欄には、どうして、その会社に入りたいのかを書けばいい」と、勘違いしているひともいるのではないでしょうか。
 
 問題は、入りたいと思う理由です。「一流企業だから」「給料が高そうだから」といった理由で応募企業を決め、志望動機を書いたところで、数多くの応募者を蹴落として、書類選考を通過して、面接に進むことはできません。


 そこで必要になるのが、企業研究です。企業研究とは、応募しようと考えている会社の概要や、提供している商品やサービス、売上高などについて調べることです。その際、応募会社のライバル会社についても、同じ項目で調べると、優位点と課題点が見えてくるはずです。
 
 そうした現状を踏まえて、「自分が入社後にどんな仕事がしたいのか」「現在のサービスや商品のどこか好きで、どうしていきたいのか」など、より具体的な理由を探すのです。より具体的な理由であれば、企業の採用担当者が目をとめてくれるはずです。

企業理念や社風に共感するというのも志望動機に!

 また、企業理念や経営者の考え方、開放的な社風に惹かれるというのも、立派な志望動機の一つです。ただし、こうした情報を収集するためには、OB訪問をしたり、転職エージェントなどで非公開の情報を提供してもらうなど、自分なりに就職活動を工夫する必要があります。
 
また、明確にキャリアビジョンをたて、そのために応募企業で働いて、どんな仕事にチャレンジしたいかを、熱く語るのも良いでしょう。大事なのはマニュアル通りにそつのない内容にするのではなく、自分にしか語れない言葉で志望動機を書くことです。自己分析と企業研究をマッチングして、自分のアピールポイントを盛り込んでください。