面接当日までに準備する物は?

xf3055067643l

 大学を中退してしまうと本格的な就職活動を経験する機会がなくなってしまいます。そんな人が就職活動を始めた際、疎かになってしまいがちなのが、必要なものたちの準備。特に面接当日までに必要なものは事前に確認をしつつ、不備がないようにしておきましょう。

  • 履歴書など各書類のコピー
  • 企業についての情報(パンフレットやHPなどの情報をプリントアウトしたもの)
  • 面接会場までの地図
  • 筆記用具
  • 印鑑と身分証明書
  • 手帳や小さめのノート
  • 折り畳み傘
  • ハンカチやティッシュ
  • 現金とICカード
  • 時計
  • 携帯電話やスマートフォン(充電器含む)
  • 女性限定ですが、ストッキング

 面接当日までに用意しておきたいものをざっと挙げると、以上のようになります。少し多めではありますが、どれもかさばるものではないため、就職活動を始めたら、常に鞄やポケットに入れておく習慣をつけておくといいでしょう。


 履歴書など各書類のコピーは、面接の際にそこから質問などが繰り出される可能性が高いため、ギリギリまで確認を行うために必要となります。移動中にも目を通し、問答の際に矛盾が生じないようにしましょう。

 企業についての情報も同様です。相手のことを知らなければ面接の際に困ることになりますから、どのような会社なのか、職種だけではなく理念や実績なども頭に入れておくために用意し、当日も持っておきましょう。

 面接会場までの地図は言わずもがな、道に迷わないための必須アイテム。これはスマートフォンなどのアプリを利用してもOKですが、充電が切れるなどの懸念もあるため、できるだけ紙媒体のものも用意しておきましょう。

 筆記用具も当然必要です。ボールペン、シャープペンシル、消しゴム、色付きのペンなどを用意しておきたいですが、特にボールペンは消えないタイプのものを用意しておいてください。

 印鑑と身分証明書は受付でそれを提示したり、面接でも交通費を負担してくれるところがあるため、その受け取りの際に必要となります。

 手帳や小さめのノートは、気付いたことをメモするためのもの。あるいは面接の日時やまさに用意しておくものを記しておくものとして重宝するでしょう。折り畳み傘も必ず用意しておいてください。

 晴れていても持ち歩くようにしましょう。ハンカチとティッシュも社会人として持ち歩いておきたいものですから、特に説明は不要のはず。現金とICカードは、例えば電車が使えなくなったらタクシーなどで行くことも考えて、多めに用意しておくべき。

 鏡は身だしなみのため。時計は携帯などとは別に腕時計をしていた方が印象がよくなります。
 
 既に触れましたが、携帯電話やスマートフォンは充電器も含め用意しておきましょう。女性は伝線などがあった時にもすぐに対応できるよう、替えのストッキングを用意しておくといいと思います。