大学中退から就職を目指す方法

 大学中退者が就職活動を始めるにあたっては、ノウハウがないことと、学歴の壁、サポート体制がないことが弊害になることが多いものです。そこで、就職活動に成功し、内定するための進め方について、まとめておきたいと思います。

就職活動の準備

 自己分析と適職診断、業界研究を行い、自分が目指すべき仕事を決めます。そのうえで、地域若者ステーションやハローワーク、転職エージェント、転職サイトなどに登録し、就職活動の流れを把握することから始めましょう。

関連記事

  • 大学中退後の進路はどうやって決めたらいいの?
  • どの業界が人材を必要としている?
  • 大学中退後に決める就職の方向
  • 大学中退者の就職目的
  • 就職率にこだわらず就職活動を

  • 求人情報を収集しよう

     大学中退者が応募可能な求人情報を得る方法は、ハローワークや求人情報誌だけではありません。転職サイトの求人の中には、学歴が高卒で未経験者OKのものがたくさんあるので、積極的に活用しましょう。転職エージェントの登録もおすすめです。

    関連記事

  • 情報収集をしよう
  • ハローワークに行ってみてわかったこと
  • 大学中退者でも転職サイトを使えるのか?
  • 転職エージェントに申し込んだらわかったこと
  • 大学中退者の利用する求人媒体
  • 大学中退者がスカウト機能を利用するのなら
  • 大学中退者のブラック企業との関わりは
  • 正規雇用と非正規雇用の違いと、その違いを見極める時の注意点

  • 応募書類の書き方で通過率が変わる

     履歴書の書き方一つで、書類選考の通過率が変わります。大学中退者であれば、新卒者用の履歴書を用意し、マニュアル通りに丁寧に手書きしましょう。高校や大学から長く続けているアルバイトがあれば、職務経歴書を用意するのも一つの方法です。

    関連記事

  • 履歴書はどう選ぶ?
  • 自己PRは未来の展望が大切!!
  • 志望動機には意志と熱意を伝える
  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか
  • アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など

  • 面接の練習をしておこう

     面接は、マニュアルを読んで対応できるようになるほど、甘くありません。行政や転職エージェントの担当者にお願いし、模擬面接の練習をしておくことをおすすめします。また、大学中退の理由は必ず質問されるので、回答を用意しておきましょう。

    関連記事

  • 面接当日までに準備する物は?
  • 服装は好印象を目指す
  • 回答予測はできるだけ行っておく!
  • 面接の練習は絶対に必要?
  • 面接で気を付けるポイントとは?
  • 大学中退者の聞かれることは
  • 自分の長所と短所を言える?
  • 大学中退者のする面接対策
  • 大学中退者でも就職したいなら臆することなく面接時に確認しておきたいこと
  • 面接では“第一印象”が全てを決定づけています

  • 退職と入社の準備

     大学中退者でアルバイトをしている場合、退職する必要があります。内定した場合、どれくらいで退職可能かを確認しておきましょう。また、入社日までに必要な書類を揃えたり、仕事に必要な知識をつけるなどの準備も行ってください。

    関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 入社前に確認すべきことは
  • 大学中退者が途中入社した場合には
  • 大学中退での就職~試用期間とは~