リクナビNEXT[ 大学中退者に選ばれた就職率No.1の就職サイト]
詳細
★★★★★
意外と穴場!転職サイトを利用した就職活動! 大学中退者やフリーターの利用も想定されてある、総合求人サイトの決定版。
レジュメ登録を行うことで採用担当者や就職エージェントから検索・スカウトされるようになる。あなたに興味をもった企業から連絡が来る可能性も! そのほか、あなたがどれくらい注目されているかがランキングで表示されます。自分自身の価値を知る手段にもアリ。
利用者の声
良かった
スカウトに期待して登録してみた結果、全体からの注目度2034464人中1019871人。オープンオファーは来るけどなぁ~。
良かった
リクナビNEXTについては最初、社会人用の転職サイトだからと気に求めてませんでしたが、ハローワークで求人を探すことに限界を感じ、手当たり次第求人情報を求める内に登録。私は大学中退者なので厳しいかと思ってましたが意外と私でも応募できる求人も多く助かりました。
良かった
あまり期待せずに利用していましたが、リクルートだけあり求人の数は沢山で、もちろん自分なんかお呼びでない求人の方が圧倒的に多かったんだけど、よくよく探せばいろんな求人があるので根気よくエントリーを繰り返しました。何度も落ちてばかりだったけどめげずに何度もエントリーしてやっと就職できました。
良かった
普通に使えるっていう感じの就職サイト。メインターゲットは中途採用者。ただ未経験者を募集している求人もあるため、20歳前後の若い人でポテンシャル採用が見込める人なら就職デキると思う。あとはレジュメをどれくらい魅力的に書けるかどうか。良いか悪いかといったら良い方かな
普通
リクナビネクストのスカウトサービスを利用してみました。けっこうオファーももらいましたが10件中7件は誰かれ構わず送っているようなスカウトメールでした。それでも中にはちゃんと私のレジュメを見え連絡くれている企業もありました。
普通
リクナビNEXTにも登録はしてみたが、あまり使えなかった。たしかに未経験者歓迎の求人も中にはあるが、やっぱり社会人経験がある人向けの求人サイトなんだと思う。自分みたいに大学中退者でも応募できる求人は少ない。(まったく無いわけじゃないけど)
リクルートエージェント[就職担当部門もあるエージェント]
詳細
★★★★
転職専用のイメージが強いが、実は登録者に応じて就職担当の部署に回す仕組みがあるエージェントサイト(公式に確認済み)ほとんど知られていないためライバルを出し抜くのに最適。
利用者の声
良かった
大学中退というハンデがあるので、就職だけは失敗したくないという思いが強く、リクルートエージェントのサポートを受けることにした。キャリアアドバイザーが就職活動の流れから、自己分析、プロからみた適職についてを教えてくれたので、自分なりにキャリアプランを構築することができた。応募企業別に書類を添削してくれたり、面接指導を受けられるなど、登録無料とは思えない、きめ細かなサポートが受けられているので、大船に乗った気持ちで選考に臨むつもりだ。
良かった
就職活動をするにあたって、自分なりに企業研究を行っていたつもりでしたが、話を伺ってみてプロにしか集められない情報の大切さを知りました。社風や選考のポイント、実際に働く先輩たちのコメントなどを読むことで、自分がそこで働くことがイメージできます。仕事内容と同じくらい、職場の雰囲気は大事だと思うし、さまざまな視点から自分との共通点を探せれば、それはアピールポイントにつながると思います。
普通
どう見ても転職サイトなのに就職担当部門があるのには驚きましたが、未経験者で学歴が高卒になる私はそもそも紹介される求人数が少ないですし、担当のキャリアアドバイザーの方が複数の登録者を抱えているので、連絡が途絶えがちになると不安になります。

このページは就職を目指している大学中退者の役に立ちます!

大学中退から就職を目指そう!

この記事の目次

1、大学中退者の半分以上が非正規雇用

 年間に6万人以上はいるといわれている大学中退者の正確な人数は国でも把握していません、そのため文部科学省は2014年度から国立大学や私立大学など全ての大学を対象に調査することを決めました。

 文部科学省ではリーマンショックが起きた2008年に、1度大学中退者の調査を行っています。しかしその後は学校基本調査でも、毎年の大学入学者の人数と卒業者の人数しか分かっていません。

 さらに厚生労働省が行った大学中退者の就職調査では、バイトやパート、契約社員などの非正規雇用で働いている若者は全体の半分以上でした。

 中にはニートになったり、無職の若者も14%いました。大学を中退した理由で最も多いのが学習意欲の喪失で、次に大学での人間関係を挙げています。

 この他にも単位が取れずに留年したり、親の経済的な理由などもあります。

2、正社員との生涯賃金の差は1億円以上

 大学を中退して半分以下しか正社員として就職できていない理由としては、大学中退者の学歴が高卒となり応募できる求人が限られてくることも考えられます。

 また正社員の求人に応募してもなかなか応募書類が通過しなかったり、面接で落されたりして就職を諦めるケースも少なくありません。

 ただ問題は正社員として就職することを諦めて、安易にバイトなどの非正規雇用で働いているとそのままフリーターになってしまう可能性が高いことです。

 フリーター歴が長くなれば、それだけ正社員としての就職がだんだんと困難になってきます。

 20代であれば、フリーターでも正社員との年収の格差はあまりありませんが、一生涯を通してみてみると「生涯賃金の差は1億円」を超えてしまいます。

 若いうちは、いずれ就職すると思っていても就職活動は景気に大きく影響されます。就職活動を始めた時が好景気とは限りません。

 今(2014年)は幸いにも景気回復の、兆しが見え始めています。この時期に正社員として就職することは、あなたにとってもチャンスです。

就職成功の4つのポイント!

●アクティブに動ける20代のうちの就活がおすすめ
●企業の採用基準が甘いのは若いうちと認識する
●景気回復の兆しが見え始めている今は就職のチャンス
●非正規雇用のまま諦めない

就職成功事例



 上記の他にもうひとつ成功事例が紹介せれています。また企業が求める人物像とアピールポイントも見ることができます。就活の情報収集として見てみましょう。

大学中退者が利用してほしい3つの就職サイト

1.大学中退者が知っておくべき、就職のための五箇条
一般的は就職方法では就職できないのはなぜ?ここに答えがあります。

2.ハローワーク
ハローワークが提供している就職サポートサイト。大学中退の就職情報はもちろん載せています。

3.大卒等就職情報WEB
厚生労働省・労働局は、皆様の就職を全力で支援しているサイトです。

リクルートエージェントの利用者の感想と詳細

リクルートエージェントの概要


 リクルートエージェントはリクルートグループが運営する転職エージェントです。創業から38年強におよび、30万人近いビジネスパーソンの転職を支援し続けてきた全国1位の実績を誇ります。非公開系求人の保有数は業界トップクラスです。 「リクルートエージェントの利用者の感想と詳細」の続きを読む…

圧迫面接の意図と対策について

面接とは何かを知る

 面接とは、自分の人生観や仕事に対する意気込み、志望動機、趣味、長所や短所等、求められるままに自分の気持ちや生きざまを開示することだけではありません。わざと意地悪な質問をして、冷静さや論理性、感情の起伏度合いを計ったりします。これらは応募書類の段階ではできないことですから、採用側にとっては組織に順応し、将来力強いに戦力になり得る人材か否かを判断するための戦略を駆使するのです。

 普段の生活でもそうですが、会社では金銭等の会社資産や財産に絡んだ突発事項が頻発します。議論を戦わせることもたくさんあります。そのたびごとにパニックを起こしたり、いきり立ったり、論理性を欠く言動を取るようでは、組織人として失格です。そうならないためのテストをするわけです。その代表格が圧迫面接という方法なのです。

圧迫面接なんか怖くない

 これが圧迫面接というものか、いやそうではなくブラック企業か、と思いたくなるような面接の場合は、たいてい後者のブラック企業ですから必要最低限の言葉で退席するのが無難でしょう。

 圧迫面接とブラック企業が行う面接との差異は明確です。圧迫面接は言葉の端々に気遣いが感じられます。ですから言葉遣いが乱暴であったり、命令調やぶっきら棒ではあることはまずありません。そうしたことを前提に大学中退の就職希望者が応えにくい質問が出されることになるのです。例えば「なぜ大学を辞めてしまったのですか」、「ご両親に申し訳ないと思いませんか」「大学を中退するようではお金を貰う会社勤めが続けられると思いますか」等です。これら質問に悪気はありませんから、執拗に意地悪な突っ込みを入れてくるようなことはありません。

 ブラック企業では、それらの配慮が欠如しているものです。小馬鹿にしたような笑いもでてくるでしょう。圧迫面接とはこういうものです。面接に臨む当初から、このような圧迫面接があると思って臨みましょう。そうして真っ向から勝負するつもりで術中に嵌らないよう、(待ってました!)とばかりに冷静に受け応えすることです。

キャリアや実績がない場合どうやってアピールすべきか

「大学中退」を負い目にしない!就職活動のコツとは・・・?!

 大学を中退してから就職しようとしても、どうしても履歴書の「学歴欄」が気になってしまうという男女は少なくありません。しかし大学中退から就活を経てしっかりした企業に就職し、充実したキャリアを積んでいる先輩たちは大勢います。採用担当に納得してもらえる中退の理由はあらかじめ考えておく必要はあります。

 「大学受験の時に“入学後何を学ぶのか?!”についてしっかり考えなかったこと」や、「入学してから家計の事情から学費を負担できなくなった」・・・など、採用担当は中高年~シニアの世代が多いですから、頭の固い人にも理解できやすい理由を2~3個考えましょう。

大学中退者でもこういう就職アプローチもできる!

 採用担当が欲しいと思える人材とは、「大学中退」という過去の失敗ばかりに気を取られず入社後、のびやかに成長することをイメージさせる男女です。

 いつも新鮮な気持ちで業務に取り組み、着実にキャリアを積んでいってくれる人材なら、チャンスを与えたいと考えるでしょう。仕事人としての目的意識の強さやコミュニケーション能力の高さなどがキーポイントになります。

大学中退者の自己アピールのポイント

 大学中退後もつねに就職やキャリアを視野に入れて、スクールなどに通っていることをアピールします。応募先企業の募集している仕事内容と重なるようであれば、これまでこなしてきたアルバイトでも職歴に含めてもよいでしょう。

 正社員としてのキャリアがゼロで、未経験の業務に応募するのであれば、応募書類とは別に「志望動機書」を作り、“なぜやったことがない仕事に飛び込もうと思ったのか?!”という動機を分かりやすく説明するようにします。

大学中退者が途中入社した場合には

新卒とは少し違う

 大学中退で途中入社した場合には年齢によりますが、場合によってはある程度能力を持った人間と見て相応の仕事を与えられる場合があります。

 ようするに新卒で入った人間より厳しい仕事を任せられる可能性があるということです。当然それは企業によっても変わってくることですが、そういう場合もあるという事実は変わらないため、そのためにある程度の覚悟はしておきましょう。

 とはいっても入社したばかりだと分からないことが多いと思うので、分からないことは先輩方に遠慮せずに聞くようにしましょう。

 流石に相手も入ったばかりの人間であればしょうがないと感じてくれるはずです。もちろんその聞いたことをしっかりと理解するように耳を傾けることを忘れてはいけません。
 

人間関係を大事に

 当然のことながら自分は新人であります。その振る舞いによって先輩方の自分への印象も変わってくるため、長続きさせたいのであればあまり不快にさせないように振る舞いたいものです。

 人によっては突っかかってくる子供じみた人間がいるかもしれませんが、そうした人も時間の流れによっては解決できることがあります。

 まずはこなすことはこなすようにしましょう。そうしていけばおのずと自分の信用は上げることができます。

 ただ、それでも性格的な不一致もあって相性が悪い人間というのもいるはずです。そういう人の場合にはできるだけ関わらないようにするか、誰か信用できる職場の人に相談してみるのがいいでしょう。
 
 
関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 入社前に確認すべきことは

  • 入社前に確認すべきことは

    企業について

     もし内定が決まったのであれば改めて企業の情報の確認をしておきましょう。そうして仕事内容と職種に関して確認しておけば仕事をするとなった際にも頭の方で準備をしておくことができるからです。

     また、それだけでなくいざ入社するとなればビジネスマナーと規則を守って仕事をしなければいけません。

     企業の情報の中にはそうした規則に関して書かれている場合もあるため、それを把握しておけばいざ仕事の際にも用心して行動することができます。

     実際には仕事を体感しなければ本当のことは分からないものですが、準備をするだけでも大分変わってくるので時間が空けばそうした情報を仕入れておくといいでしょう。
     

    体調は大丈夫か

     特に病気の関係で大学を中退せざるをえなくなった人は体調も確認しましょう。内定が決まったからといって無理をするとすぐさま寝込むことになってしまうからです。

     そうなれば折角決まった就職も台無しとなってしまいます。病院で診断を受けるのはもちろんのこと、入社までに無理な行動を控えた方がいいでしょう。

     また、バイトをしている人も、そのバイト先で怪我や事故に遭わないように用心して行動しましょう。浮かれている時ほど危険というのはやってくるものですから。
     
     
    関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 大学中退者が途中入社した場合には