リクナビNEXT[ 大学中退者に選ばれた就職率No.1の就職サイト]
詳細
★★★★★
意外と穴場!転職サイトを利用した就職活動! 大学中退者やフリーターの利用も想定されてある、総合求人サイトの決定版。
レジュメ登録を行うことで採用担当者や就職エージェントから検索・スカウトされるようになる。あなたに興味をもった企業から連絡が来る可能性も! そのほか、あなたがどれくらい注目されているかがランキングで表示されます。自分自身の価値を知る手段にもアリ。
利用者の声
スカウトに期待して登録してみた結果、全体からの注目度2034464人中1019871人。オープンオファーは来るけどなぁ~。
リクナビNEXTについては最初、社会人用の転職サイトだからと気に求めてませんでしたが、ハローワークで求人を探すことに限界を感じ、手当たり次第求人情報を求める内に登録。私は大学中退者なので厳しいかと思ってましたが意外と私でも応募できる求人も多く助かりました。
あまり期待せずに利用していましたが、リクルートだけあり求人の数は沢山で、もちろん自分なんかお呼びでない求人の方が圧倒的に多かったんだけど、よくよく探せばいろんな求人があるので根気よくエントリーを繰り返しました。何度も落ちてばかりだったけどめげずに何度もエントリーしてやっと就職できました。
普通に使えるっていう感じの就職サイト。メインターゲットは中途採用者。ただ未経験者を募集している求人もあるため、20歳前後の若い人でポテンシャル採用が見込める人なら就職デキると思う。あとはレジュメをどれくらい魅力的に書けるかどうか。良いか悪いかといったら良い方かな
リクナビネクストのスカウトサービスを利用してみました。けっこうオファーももらいましたが10件中7件は誰かれ構わず送っているようなスカウトメールでした。それでも中にはちゃんと私のレジュメを見え連絡くれている企業もありました。
普通
リクナビNEXTにも登録はしてみたが、あまり使えなかった。たしかに未経験者歓迎の求人も中にはあるが、やっぱり社会人経験がある人向けの求人サイトなんだと思う。自分みたいに大学中退者でも応募できる求人は少ない。(まったく無いわけじゃないけど)
リクルートエージェント[就職担当部門もあるエージェント]
詳細
★★★★
転職専用のイメージが強いが、実は登録者に応じて就職担当の部署に回す仕組みがあるエージェントサイト(公式に確認済み)ほとんど知られていないためライバルを出し抜くのに最適。
利用者の声
大学中退というハンデがあるので、就職だけは失敗したくないという思いが強く、リクルートエージェントのサポートを受けることにした。キャリアアドバイザーが就職活動の流れから、自己分析、プロからみた適職についてを教えてくれたので、自分なりにキャリアプランを構築することができた。応募企業別に書類を添削してくれたり、面接指導を受けられるなど、登録無料とは思えない、きめ細かなサポートが受けられているので、大船に乗った気持ちで選考に臨むつもりだ。
就職活動をするにあたって、自分なりに企業研究を行っていたつもりでしたが、話を伺ってみてプロにしか集められない情報の大切さを知りました。社風や選考のポイント、実際に働く先輩たちのコメントなどを読むことで、自分がそこで働くことがイメージできます。仕事内容と同じくらい、職場の雰囲気は大事だと思うし、さまざまな視点から自分との共通点を探せれば、それはアピールポイントにつながると思います。
どう見ても転職サイトなのに就職担当部門があるのには驚きましたが、未経験者で学歴が高卒になる私はそもそも紹介される求人数が少ないですし、担当のキャリアアドバイザーの方が複数の登録者を抱えているので、連絡が途絶えがちになると不安になります。

このページは就職を目指している大学中退者の役に立ちます!

大学中退から就職を目指そう!

この記事の目次

1、大学中退者の半分以上が非正規雇用

 年間に6万人以上はいるといわれている大学中退者の正確な人数は国でも把握していません、そのため文部科学省は2014年度から国立大学や私立大学など全ての大学を対象に調査することを決めました。

 文部科学省ではリーマンショックが起きた2008年に、1度大学中退者の調査を行っています。しかしその後は学校基本調査でも、毎年の大学入学者の人数と卒業者の人数しか分かっていません。

 さらに厚生労働省が行った大学中退者の就職調査では、バイトやパート、契約社員などの非正規雇用で働いている若者は全体の半分以上でした。

 中にはニートになったり、無職の若者も14%いました。大学を中退した理由で最も多いのが学習意欲の喪失で、次に大学での人間関係を挙げています。

 この他にも単位が取れずに留年したり、親の経済的な理由などもあります。

2、正社員との生涯賃金の差は1億円以上

 大学を中退して半分以下しか正社員として就職できていない理由としては、大学中退者の学歴が高卒となり応募できる求人が限られてくることも考えられます。

 また正社員の求人に応募してもなかなか応募書類が通過しなかったり、面接で落されたりして就職を諦めるケースも少なくありません。

 ただ問題は正社員として就職することを諦めて、安易にバイトなどの非正規雇用で働いているとそのままフリーターになってしまう可能性が高いことです。

 フリーター歴が長くなれば、それだけ正社員としての就職がだんだんと困難になってきます。

 20代であれば、フリーターでも正社員との年収の格差はあまりありませんが、一生涯を通してみてみると「生涯賃金の差は1億円」を超えてしまいます。

 若いうちは、いずれ就職すると思っていても就職活動は景気に大きく影響されます。就職活動を始めた時が好景気とは限りません。

 今(2014年)は幸いにも景気回復の、兆しが見え始めています。この時期に正社員として就職することは、あなたにとってもチャンスです。

就職成功の4つのポイント!

●アクティブに動ける20代のうちの就活がおすすめ
●企業の採用基準が甘いのは若いうちと認識する
●景気回復の兆しが見え始めている今は就職のチャンス
●非正規雇用のまま諦めない

就職成功事例



 上記の他にもうひとつ成功事例が紹介せれています。また企業が求める人物像とアピールポイントも見ることができます。就活の情報収集として見てみましょう。

大学中退者が利用してほしい3つの就職サイト

1.大学中退者が知っておくべき、就職のための五箇条
一般的は就職方法では就職できないのはなぜ?ここに答えがあります。

2.ハローワーク
ハローワークが提供している就職サポートサイト。大学中退の就職情報はもちろん載せています。

3.大卒等就職情報WEB
厚生労働省・労働局は、皆様の就職を全力で支援しているサイトです。

就職前に「ココ」をしっかり押さえておこう!

就職前にココをしっかり押さえておこう
あなたの就職先を決める条件といえば、どのようなことでしょうか?

「安定しており定年まで安心して働ける」「給料が高い」「休みがしっかりとれる」などが挙げられます。

しかし実際に働いてみると「思っていたことと全く違う仕事をさせられる」「人間関係がとてもギスギスしている」「過剰なノルマを強いられる」など想像とかけ離れた現実が待っていることがしばしばです。

そこで今回は失敗しない就職先選びのポイントを、無事に就業できた後のことも見据え押さえていきたいと思います。
「就職前に「ココ」をしっかり押さえておこう!」の続きを読む…

マイナーでも良い企業はある!自分に合った企業を探そう!

マイナーでも良い企業はある自分に合った企業を探そう
大学を中退しての就職という不利な立場を挽回するための対策としては、次のようなものがあると思います。

1.資格を取りまくって自分の価値を高める
2.公務員試験を受ける
3.大学中退者でも入れる企業を見つける

「マイナーでも良い企業はある!自分に合った企業を探そう!」の続きを読む…

社風って重要な企業情報なの?


企業情報の中に「社風」という情報があります。社風は会社全体の雰囲気みたいなものですが、「そんな情報が本当に役に立つの?」と疑問に思う人もいるでしょう。会社全体の雰囲気なんて、実際に現場で働く人たちにはどうでもいい情報なのでは?と思ってしまうのも当然です。

しかし、「社風」は就職活動では意外に重要な要素、それぞれの企業の社風に合わせた活動をすることは、採用の可能性を上げるための大事な戦略なのです。
ここでは、具体的に社風とはどのようなものか?社風に合わせた就職活動をするためにはどうすれば良いのかについて、詳しくお伝えします。

この記事でわかること
  • そもそも社風って何なの?そんな素朴な疑問にお答えします。これを読めば、社風が就職活動において意外と重要な情報であることがわかります。
  • 自分と合わない社風の企業に就職してしまうと、何が起こるのか?これを読めば、「社風についてもっと調べなければ!」と思うはずです!
  • では、どうすれば希望の企業の社風について調べられるのか?具体的な方法についてお教えします!

「社風って重要な企業情報なの?」の続きを読む…

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい?

自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい
就職活動で最も重要なのが企業分析です。企業が立ち上げているホームページは就職希望者にとって大事な情報収集の場ですが、中には自社のホームページを持たない企業もあります。そんな時、どのように企業の情報を収集すれば良いのでしょうか?

元人材屋の熱視線!今回は企業情報調査のテクニックを解説
興味がある企業のWEBが見当たらない!でも慌てないで。ネットの口コミ、転職エージェントの巧みな使い方、面接での直接取材など、方法を駆使すれば調べる方法はいくらでもある!

転職に必要な『確認しておくべき情報リスト』も使いながら、わかりやすく解説します!

「自社ホームページが無い企業の情報はどう収集すればいい?」の続きを読む…