リクナビNEXT[ 大学中退者に選ばれた就職率No.1の就職サイト]
詳細
★★★★★
意外と穴場!転職サイトを利用した就職活動! 大学中退者やフリーターの利用も想定されてある、総合求人サイトの決定版。
レジュメ登録を行うことで採用担当者や就職エージェントから検索・スカウトされるようになる。あなたに興味をもった企業から連絡が来る可能性も! そのほか、あなたがどれくらい注目されているかがランキングで表示されます。自分自身の価値を知る手段にもアリ。
利用者の声
スカウトに期待して登録してみた結果、全体からの注目度2034464人中1019871人。オープンオファーは来るけどなぁ~。
リクナビNEXTについては最初、社会人用の転職サイトだからと気に求めてませんでしたが、ハローワークで求人を探すことに限界を感じ、手当たり次第求人情報を求める内に登録。私は大学中退者なので厳しいかと思ってましたが意外と私でも応募できる求人も多く助かりました。
あまり期待せずに利用していましたが、リクルートだけあり求人の数は沢山で、もちろん自分なんかお呼びでない求人の方が圧倒的に多かったんだけど、よくよく探せばいろんな求人があるので根気よくエントリーを繰り返しました。何度も落ちてばかりだったけどめげずに何度もエントリーしてやっと就職できました。
普通に使えるっていう感じの就職サイト。メインターゲットは中途採用者。ただ未経験者を募集している求人もあるため、20歳前後の若い人でポテンシャル採用が見込める人なら就職デキると思う。あとはレジュメをどれくらい魅力的に書けるかどうか。良いか悪いかといったら良い方かな
リクナビネクストのスカウトサービスを利用してみました。けっこうオファーももらいましたが10件中7件は誰かれ構わず送っているようなスカウトメールでした。それでも中にはちゃんと私のレジュメを見え連絡くれている企業もありました。
普通
リクナビNEXTにも登録はしてみたが、あまり使えなかった。たしかに未経験者歓迎の求人も中にはあるが、やっぱり社会人経験がある人向けの求人サイトなんだと思う。自分みたいに大学中退者でも応募できる求人は少ない。(まったく無いわけじゃないけど)
リクルートエージェント[就職担当部門もあるエージェント]
詳細
★★★★
転職専用のイメージが強いが、実は登録者に応じて就職担当の部署に回す仕組みがあるエージェントサイト(公式に確認済み)ほとんど知られていないためライバルを出し抜くのに最適。
利用者の声
大学中退というハンデがあるので、就職だけは失敗したくないという思いが強く、リクルートエージェントのサポートを受けることにした。キャリアアドバイザーが就職活動の流れから、自己分析、プロからみた適職についてを教えてくれたので、自分なりにキャリアプランを構築することができた。応募企業別に書類を添削してくれたり、面接指導を受けられるなど、登録無料とは思えない、きめ細かなサポートが受けられているので、大船に乗った気持ちで選考に臨むつもりだ。
就職活動をするにあたって、自分なりに企業研究を行っていたつもりでしたが、話を伺ってみてプロにしか集められない情報の大切さを知りました。社風や選考のポイント、実際に働く先輩たちのコメントなどを読むことで、自分がそこで働くことがイメージできます。仕事内容と同じくらい、職場の雰囲気は大事だと思うし、さまざまな視点から自分との共通点を探せれば、それはアピールポイントにつながると思います。
どう見ても転職サイトなのに就職担当部門があるのには驚きましたが、未経験者で学歴が高卒になる私はそもそも紹介される求人数が少ないですし、担当のキャリアアドバイザーの方が複数の登録者を抱えているので、連絡が途絶えがちになると不安になります。

このページは就職を目指している大学中退者の役に立ちます!

大学中退から就職を目指そう!

この記事の目次

1、大学中退者の半分以上が非正規雇用

 年間に6万人以上はいるといわれている大学中退者の正確な人数は国でも把握していません、そのため文部科学省は2014年度から国立大学や私立大学など全ての大学を対象に調査することを決めました。

 文部科学省ではリーマンショックが起きた2008年に、1度大学中退者の調査を行っています。しかしその後は学校基本調査でも、毎年の大学入学者の人数と卒業者の人数しか分かっていません。

 さらに厚生労働省が行った大学中退者の就職調査では、バイトやパート、契約社員などの非正規雇用で働いている若者は全体の半分以上でした。

 中にはニートになったり、無職の若者も14%いました。大学を中退した理由で最も多いのが学習意欲の喪失で、次に大学での人間関係を挙げています。

 この他にも単位が取れずに留年したり、親の経済的な理由などもあります。

2、正社員との生涯賃金の差は1億円以上

 大学を中退して半分以下しか正社員として就職できていない理由としては、大学中退者の学歴が高卒となり応募できる求人が限られてくることも考えられます。

 また正社員の求人に応募してもなかなか応募書類が通過しなかったり、面接で落されたりして就職を諦めるケースも少なくありません。

 ただ問題は正社員として就職することを諦めて、安易にバイトなどの非正規雇用で働いているとそのままフリーターになってしまう可能性が高いことです。

 フリーター歴が長くなれば、それだけ正社員としての就職がだんだんと困難になってきます。

 20代であれば、フリーターでも正社員との年収の格差はあまりありませんが、一生涯を通してみてみると「生涯賃金の差は1億円」を超えてしまいます。

 若いうちは、いずれ就職すると思っていても就職活動は景気に大きく影響されます。就職活動を始めた時が好景気とは限りません。

 今(2014年)は幸いにも景気回復の、兆しが見え始めています。この時期に正社員として就職することは、あなたにとってもチャンスです。

就職成功の4つのポイント!

●アクティブに動ける20代のうちの就活がおすすめ
●企業の採用基準が甘いのは若いうちと認識する
●景気回復の兆しが見え始めている今は就職のチャンス
●非正規雇用のまま諦めない

就職成功事例



 上記の他にもうひとつ成功事例が紹介せれています。また企業が求める人物像とアピールポイントも見ることができます。就活の情報収集として見てみましょう。

大学中退者が利用してほしい3つの就職サイト

1.大学中退者が知っておくべき、就職のための五箇条
一般的は就職方法では就職できないのはなぜ?ここに答えがあります。

2.ハローワーク
ハローワークが提供している就職サポートサイト。大学中退の就職情報はもちろん載せています。

3.大卒等就職情報WEB
厚生労働省・労働局は、皆様の就職を全力で支援しているサイトです。

大学中退者でも就職したいなら臆することなく面接時に確認しておきたいこと

実力で上り詰めることができるのか

 就職先を決められるかどうか、これは面接時に確認しておくべきことに懸かっているのかもしれません。ここで何を質問するのか、それに対してどんな答えが返ってくるのかなどで、会社が自分を認めてくれるのかと共に、自分が会社を認めることができるのかについても変わってくるからです。

 「実力があれば、この会社で上り詰めることができるのか」を問うてみましょう。なかなか勇気の必要な質問となりますが、だからこそインパクトが残せます。と同時に、面接官の反応によって認めるべき価値のある会社かどうかもわかってくるでしょう。

企業にとって最大の出来事

 これまで会社がいろいろと事業を成し進めてきた中で、最大の出来事を聞いてみると、興味深い答えが返ってくるかもしれません。これを確認する場合は、良い出来事も悪い出来事も聞いておくといいでしょう。

 その会社の裏話も聞こえてくるかもしれませんし、そういったものが聞ければ、さらに会社に対する興味も深まるはずです。これを確認することで自分を認めてもらいたいと思うのであれば、返ってきた答えに対してさらに突っ込むことも必要となります。そこまで考えながら質問できれば、大きなアピールとなることは間違いないでしょう。

入社することで得られる経験

 その会社にもし入社することになったら、どんな経験が積み上げられていくのか。これも面接時に確認しておきたいことのひとつ。

「入社してみないとわからない」などと、どこか素っ気ない答えが返ってきたら、面接官がその会社に入社したことで得られた経験を問い直してみるのもいいでしょう。これでもしっくりくる答えが返ってこないようであれば、入社すべき会社として認める必要はないのかもしれません。

 面接官の口から出てきたものが自分も経験したいと思えるような内容であれば、そこからさらに積極的にアピールを繰り広げるよう努力すること。そうすれば会社側もあなたのことを認めざるを得なくなり、採用してもらえるのではないでしょうか。

正規雇用と非正規雇用の違いと、その違いを見極める時の注意点

敢えて定義付けをしてみましょう

 正規雇用と非正規雇用には、これといった定義がありません。しかし、その中でも敢えて定義付けをしたらどうなるのかを考えてみましょう。

・契約期間が無期限である
・給与が比較的高く、そこに賞与や退職金などもついてくる
・社会保険等へ加入ができる

 非正規雇用と比べた場合これらに差があり、正規雇用であればほとんどの人が当てはまるであろうことを挙げてみると、上記のようなものが出てきます。つまり、正規雇用社員にはほぼ漏れなくこれらのことが当てはまるということ。

 勘違いしてはいけないのは、非正規雇用だからと言って絶対にこれらが当てはまらないというわけではありません。特にボーナスや社会保険への加入というのは、アルバイトなどでも受けられることがあるため、“敢えて”定義付けをしたらこうなる、と覚えておいてください。

企業によって違いも差も異なります

 定義が少し曖昧で、敢えて定義をつけないと分けられないのが正規雇用と非正規雇用というもの。よって、企業それぞれで別の違いや差があることも珍しくはないのです。

 企業によっては、正規雇用と非正規雇用を分けているにもかかわらず、給与も試用期間もボーナスも退職金も社会保険も福利厚生もほとんど差がないケースもあります。働く方としては迷ってしまいますが、事実、こうした企業も意外と存在しているのです。

 アルバイトでも、「関連施設の利用無料」と謳っている求人はよく見かけますし、「ボーナス支給」と求人に書いてある企業も少なくありません。

その企業の雇用形態をチェック

 就職を希望している人が求人をいろいろとチェックする時には、それぞれの企業の雇用形態と、その人たちがどのような働き方ができるのかを細かく見極めていくことが重要です。これも就職活動の非常に大切な作業になることを忘れてはいけません。

 つまり、正規雇用と非正規雇用を一括りにしてはいけないということ。A社の正規雇用社員とB社の非正規雇用社員、冷静に比較してみたら、もしかしたらB社の非正規雇用社員の方が圧倒的に待遇が良いかもしれません。そんな可能性も否定できないのです。

 正規雇用と非正規雇用の違いは、大まかには理解しておいた方がいいですが、それぞれの求人を良く見て違いを把握する、この意識がより求められるのでしょう。

アルバイト経験を職歴に書く際の注意点など

職歴として扱うのが自然

 まず最初に、この問題や疑問の答えを明らかにしておきますが、「アルバイトは歴とした職歴」であることは確かです。各地域ごとに定められた最低賃金を下回らない時給、あるいは日給で仕事を行い、あなたが携わった仕事の対価としてそれを受け取っているわけですから、雇用形態にかかわらず、それは「仕事」であり、「職に就いた」ことになるはず。

 仕事であり職に就くという事実がある以上、職歴として自身の経歴に連ねることは、特に問題とはならないでしょう。これから職探しをするために履歴書などを作成するのであれば、アルバイトのことも頭に思い浮かべながら書き進めていくようにしてください。

話のネタになるというメリットも

 仮に、あなたが面接を受けた時にそれを担当した人事の人が、「アルバイトは職歴とはならない」という価値観を持っていたとしましょう。

 しかし、それでも履歴書などにアルバイト経験について書いてあれば、ほんの少しかもしれませんが興味は持つはず。興味を持ってくれれば、それが面接中の話のネタとなる可能性が生まれます。「ちなみにこのアルバイトというのは…」などと質問してくれればしめたもの。

 その質問に対して、自分が経験してきたアルバイトに誇りを持ちつつ受け答えをし、さらに自分の能力などをわずかでも主張することができれば、「アルバイトは職歴とはならない」というその人事の人の価値感を吹き飛ばすことができるかもしれません。

 アルバイトについて履歴書に書いていなければ生まれないこうしたメリット。そのわずかな可能性に賭けることは、職を探している者として必須の行為となるのではないでしょうか。

ひとつのアルバイトにつき2~3行程度でまとめる

 最後に、アルバイト歴を履歴書等に記載する時のポイントを押さえておいてください。

 ひとつのアルバイトにつき、2行から3行程度でまとめるとスマート。入社時期、勤務期間、職種等を記載すれば、大体この行数に収まるのではないでしょうか。あまり書き過ぎると他にアピールすることがないのではと勘繰られてしまうので、多くても3行でまとめておきましょう。

 もしそのアルバイトが非常に大きなアピールポイントになると踏んでいるのであれば、別のスペースを用意しまとめるようにしてください。

関連記事

  • 履歴書はどう選ぶ?
  • 自己PRは未来の展望が大切!!
  • 志望動機には意志と熱意を伝える
  • 大学中退者が履歴書を書くにあたって
  • 大学中退者の履歴書で見られるところとは
  • 履歴書はどのような形式を利用すればいいか
  • 大学中退での就職~試用期間とは~

    試用期間と雇用条件

     試用期間とは、企業が募集職種に業務に対する、労働者の適性を判断するために設ける期間ですが、あくまでも長期雇用が前提で設けられます。試用期間中であっても、所定労働時間は正社員と変わらず、雇用・健康・労災・厚生年金といった社会保険の加入も義務付けられています。

     一方で、試用期間中は正社員より賃金を低く設定する企業が多くあります。年次有給休暇については、権利の発生が入社から6カ月経過後となりますので、試用期間が6カ月を越えない限り、発生することはありません。

     とはいえ、労働者保護の立場から、長期の試用期間を設けることは良くないとされており、大抵の企業は2~6カ月とすることが多いです。

    試用期間中の解雇と退職のこと

     試用期間を経て本採用と聞くと、簡単に解雇や退職ができるように思う方も少なくないでしょう。試用開始14日以内であれば、即時解雇が可能ですが、それを超えると、正社員と同様に、退社日の30日前に解雇予告をするか、30日分の平均賃金を解雇予告金として支払う義務を、企業側がおいます。

     ただし、労働者側の勤務態度や出勤率、コンプライアンスなどに問題があり、企業の所轄の労働基準監督署の認定を受けている場合は、この義務を果たす必要はありません。もし、労働者が試用期間中に退職を申し出る場合も同様で、即日退職はできませんし、退職予定日の2週間前には、企業側に退職の申し出をする必要があります。

     入社後のミスマッチに気づいて、退職を決意したときには、一日も早く直属の上司に退職の意向を伝えましょう。試用期間中の解雇や退職は、企業も労働者も痛手を負うことになるので、ミスマッチがないように、しっかりと情報収集して、意思決定をしてください。

    関連記事

  • 大学中退者が入社の前にすること
  • 入社前に確認すべきことは
  • 大学中退者が途中入社した場合には



  • 電話嫌いを克服しよう!

    相手と話せる機会に感謝する

     声だけのやり取りになり、話す相手の顔や表情をじかに見ることのできない電話。この少々特殊なシチュエーションに違和感を覚え、緊張してしまう人は少なくないと言われています。現代生活において私生活での電話離れが進んでいるのが原因ともされています。

     しかし、どんな理由があったとしても、ビジネスにおいては電話対応を避けて通ることはできません。そのため、何としてでも電話恐怖症を克服しなければなりません。そこで、次に誰かと電話をするとき、見えない相手の姿や表情などを想像しながら話してみましょう。電話越しであれ、相手と話をする機会が得られただけでも素晴らしいのですから、その縁に感謝してみましょう。

     また、今なぜその人に電話をかけているのかという目的も再確認しましょう。その人と話すだけのために電話しているのではなく、確認事項や交渉をするためのはずです。電話での通話そのものを目的とするのではなく、本当の目標を正しく理解すれば、無駄に緊張をすることはなくなります。

    メモを取りながらゆっくりと話す

     プライベートではなく仕事目的での電話をかけるときには手元にメモ帳や紙を置き、メモを取るようにするのがおすすめです。通話中に手を動かしていれば緊張もおさまってきますし、何よりも会話内容の要点を落とすことがありません。

     また、相手に話す内容のメモも事前に取っておき、それを見ながら筋道を話すようにするのがおすすめです。緊張している・していないにかかわらず、用意ができていないまま電話をすると肝心な発言を言い逃してしまうケースが多々あるからです。

     さらに、通話中にはできるだけゆっくりと話すように心がけてみてください。落ち着いたトーンの声ではっきりと話すだけで、通話することで生じる緊張やあがり症の症状を大幅におさえることができます。思いやりを込めて丁寧に話せば相手も緊張を解いてくれるので一石二鳥です。